回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/4 9:17

1717回答

個人が登山の同行者をSNSなどで募っています。 万一遭難などに至ってしまった場合、 募集した者は「主催者」として責任を問われたり 補償を求められることは有るのでしょうか?

個人が登山の同行者をSNSなどで募っています。 万一遭難などに至ってしまった場合、 募集した者は「主催者」として責任を問われたり 補償を求められることは有るのでしょうか?

登山 | 法律相談137閲覧

回答(17件)

0

無いのでは。強制や嘘が有れば問われる思います 不特定が集まった場合、酔っ払いや暴走など無謀人居た場合、ここまでは付き合うがここからは付き合わない、線引きが必要です 意見流されてしまうと全員が危険に

1

無い。 というか責任を問うのはすごく困難。 ツアー会社でガイドが案内しているわけでは無くあくまで同行者の募集なので登山での責任は同等。また登山での遭難リスクは有るものとされるから。 ただ誘い文句に初めての方でも完全サポートとか書かれていれば別ですが。 山岳会やその出身などのまともな主催者なら、事前にリスクがある事と主催側は出来うる処置しか出来ませんが参加します。との同意書を頂くものです。

1人がナイス!しています

0

詳細が分からないと判断がつきかねます ・標高、難易度といった山に関すること ・参加者に関すること(年齢やスキルなど) ・日程などが適正化か ・その他

0

営利目的でやっている訳でもなく、単に一緒に登る同行者を募ってるなら、ガイドやツアーを実施してる企業と同じような主催者としての責任があるとは思えません。 それで例えば同行者が勝手に転んでケガをしたり、レインウェアを持って来なく雨に濡れて低体温症になったり、蜂に刺されたりして、募集をした人に『補償しろ』何て理屈が通ると思いません。 個人的には仮に自分が募集するなら、そんなお客さん気分ではなく、対等の立場で来てほしいですね。 営利目的でもなく、何かイベントを開催する訳でもなく、単に同行者を募ってるのに相手の事に全部責任を負うなんてゴメンですね。 >補償を求められることは有るのでしょうか? 人によると思いますね、求めるのは自由ですから。 いずれにせよ遭難して、その原因が相手にあると思うなら民事裁判すればいいんですよ。 求めるのは自由、ただしその要求が通るかは裁判しだいですね。

2

誘い方、参加した側の主張を聞かないとアンサーできひんなないかいッ! ネットが使えるのに、自分で調べることを厭い、何でもすぐにネットやSNSで訊いてばかり。 自分の頭で考えて判断したり、『責任』の意味をはき違えて責任あると云いながら責任を果たさず、挙げ句に責任も取らない、まるで安倍ナンチャラと同じです。 責任を軽々しく考え語る輩が増えて、困ったモノです……。

2人がナイス!しています