回答受付が終了しました

50歳7か月で、1300万円の現金財産がありますが、生活保護にまで落ちない為には、どうしたらいいですか?(月7万円、年間84万円の家賃収入あり。プチ大家)

50歳7か月で、1300万円の現金財産がありますが、生活保護にまで落ちない為には、どうしたらいいですか?(月7万円、年間84万円の家賃収入あり。プチ大家)

福祉、介護110閲覧

1人が共感しています

回答(6件)

0

1300万の現金財産って、要するに貯金ですか?。 今働いてらっしゃるなら、生活保護にはならないと思いますけど、 無職なら、何かやらないとヒマじゃないですかね。

0

国民年金(老齢基礎年金)の掛け金を、 ちゃんと全部払っていれば、生活保護とは、まあ無縁ですね。 今、日本の生活保護の半分くらいは、高齢世代向けですが、 (65歳以上など、年金もらってる世代むけ) 老齢基礎年金が満額でないとか、 加入してなかったから、無年金の高齢者だと、 老齢基礎年金の満額との差額が、生活保護の支給対象です。 そういう高齢者などが、まだまだ多い段階ですし。 質問文の、プチ大家収入(月7万)が、 老齢基礎年金の満額相当に近いと意識して、 質問文を書かれたのかなと思いました。 その賃貸収入分などが、年金もらってからも続くなら、 生活保護対象にならないでしょうね、という感じかも。 問題はたぶん、賃貸での収入維持って、大変な点です。 居住条件の悪い場所だと、今後、借り手がいなくなって、 大家さんが破綻する地域なども、全国あちこち出るでしょうし。 某地方銀行が、無理やり賃貸の大家さんのローン組ませて、 問題なったようなニュースも、平成時代にあったかなと。 賃貸で大家さんしてると、貸す部屋や家が壊れた時の費用は、 大家さんが持つ部分も多いですし。 住んでる人が、経年変化で汚すような部分は、 敷金などで修理や清掃ですが、 それで追いつかない部分は、大家さんの負担だったりだし。 日本の人口減少と経済縮小で、 賃貸の期待収入は、今後さがってしまいますから。 質問文の物件の、維持費が少ない所だったら、 そこに、自分で住んでしまうほうが楽なケースもあるかも。 別な自宅などか、質問文の物件と、 両方を所有してる状態かもしれませんが、 固定資産税などを、2つ取られたりするので、 片方は、老後に備えて、売れる所は売るのも選択肢でしょうか。 駅の近くとか、便利な場所でないと、もう、 中古の不動産物件は、売れなくなってしまってますが。 その家や物件がある、地域の事情で、いろいろ違うかなと思います。 不動産関係のカテゴリーが、別な所にあるから、 そっちで聞くと、いろいろ回答がありそうに思います。

0

1300万円の現金財産がありますという事は、自営業か会社勤務? プチ大家さんなら自宅があるはず、自宅売却1400万。貸家売却1300万円。 全財産(1300+1400+1300)4000万円、資産の売却まで7万円の家賃も入る事ですし、その他の収入もないわけではない、食い潰すまで充分な時間ありすぎでしょう。それから生活保護受給ですね。(お家の査定は?ですが) 65歳から月に国民年金5万5千円もしくは厚生年金15万5千円、会社務めならば退職金2000万円。 普通に考えて、後15年で年金と家賃収入で最低でも12万5千円、少しアルバイトして固定資産税を払う、お一人様でしたら充分な生活費ですね。ご心配には及びません。

2

死ぬまで働き、笑顔で生活して行けば何も問題はない。 恵まれた方ですね!

2人がナイス!しています