ID非公開

2020/8/5 5:07

66回答

新型ブニヤウイルスについてのニュースをみて騒いでる人が多かったので、調べてみたらマダニ感染症の1つで、主な感染経路はマダニから人。2011年にも中国で発見されている。という情報が得れたんですが、正しい情報

新型ブニヤウイルスについてのニュースをみて騒いでる人が多かったので、調べてみたらマダニ感染症の1つで、主な感染経路はマダニから人。2011年にも中国で発見されている。という情報が得れたんですが、正しい情報 でしょうか? 飛沫感染の有無、日本での発症例の有無についても教えて頂きたいです。

病気、症状3,056閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

基本的にライリーさんと同じ認識です。 ブニヤウイルス自体は2010年に同定されたウイルスで、日本でも2013年に患者が確認されました。ダニ媒介感染症で、飛沫感染はありません。ちなみに当初から報道等で"新型ブニヤウイルス"の表記がありました。 ここ7年で国内の感染者数は500人ほどです。 【参考文献】 国立感染症研究所.重症熱性血小板減少症候群 .https:/www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/sa/sfts.html 吉松組子,有川二郎."ブニヤウイルスとその生態".ウイルス.2012,第62巻,第2号 p.239-250 (http://jsv.umin.jp/journal/v62-2pdf/virus62-2_239-250.pdf) 東京大学医科学研究所アジア感染症研究拠点.中国感染症情報.https://www.rcaid.jp/news/individual2011.html

その他の回答(5件)

1

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)のことです。すでに日本でも毎年発生しています。ヒトヒト感染はあり得るとしても体液や血液によるもので、感染力は強くありません。 知って防ごうマダニ感染症 死の恐れも、広島・山口で多発 https://news.yahoo.co.jp/articles/6c0e31202e87608a2a7ef053d013c1645f54b474

1人がナイス!しています

0

いいえ、正しくない情報です。2007年より新型が発見されました。それ以前は旧型のみです。 飛沫感染なし、日本では旧型の発症有り、新型の発症無しです。