ID非公開

2020/8/5 14:42

44回答

結婚を機に、戸建て購入を考えています。

結婚を機に、戸建て購入を考えています。 土地1300万+建物2300万=3600万 貯金は200万です。 世帯年収は700万ちょっとですが、夫が外国人(永住権なし)のため私1人で借りるしかありません。 現在24歳(夫25)、単独年収430万、正社員、 近い将来子供を授かれたらと思ってます。 ネットで簡易的に調べられる各銀行の借入可能額によると、2800-3300万などです。 フラット35ではもう少し借りれるみたいです。 他ローンや信用情報に傷はありませんが、 勤続年数が2年半と短いこと、女性1人でこれだけのローンを組むことは審査上不利になるのでしょうか。 この金額のローン借入、返済は現実的に厳しいでしょうか? また第二の案としては、あと数年頭金を貯め、子供が生まれて仕事復帰後ほタイミングでの住宅購入です。 しかし今の賃貸で子供を育てることはできないのと(広さ的に)、実家が遠いためどっちにしろ引っ越さないといけません。それにもお金がかかります。 子供は2人欲しいです。(単なる希望ですが、、) 銀行の審査が通れば購入してしまおうか、 通ってもこれからの生活厳しくなるだろうか、、 と決心出来ずにいます。 アドバイス、何か他の案などありましたら知恵をお貸しください。 また、女性1人で住宅ローンを組んだ方、経験談などありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

住宅ローン | 注文住宅121閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

キチンとしたライフプランが組めていれば問題ないです。 子供の教育資金や老後資金を含めた人生設計に基づいて、住宅資金を確保する事です。 ただ、住宅は20~30年経過するとメンテ費用が発生するので、余裕ある資金計画が必要です。 https://ienou.com/maintenance/ 本来は、ローン減税終了後は早期に繰り上げ返済するプランが理想ですが、将来的な安定収入が見込めるなら良いと思います。 なお、以上は単純な住宅資金についての回答ですが、個人的な考えでアドバイスすると時期尚早に感じます。 結婚を機に購入でなく、賃貸で過ごして子供ができてからが間違いないです。 子供によって住宅の間取りや設備にも影響するが、将来的に終の棲家とするなら年齢的に早いです。 退職後に大規模改修や建替えを想定すれば、それまでに十分な貯蓄が必要になります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご意見頂きましてありがとうございました。 リスクも十分に考える必要があること、また子供が産まれてから考えが変わることなどを考慮して決断したいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:8/11 22:59

その他の回答(3件)

2

女性側ですが単独で4000万弱ローン組みましたよ。別に女性側が組んでも銀行に何か言われるとかないから気にすることないです。家は男性が組むという決まりなんて有りませんからね。ペアローンなんて組んで離婚で揉める方が大変ですよ。

2人がナイス!しています

0

離婚したらどうして返済しますか? 突然あなたに愛想つかして外国に返ってしまったらどうしますか? 24歳では今の事しか考えられないのかな? こういう私も24歳の時は先のことなどまったく考えなかったから(笑) 1000万貯蓄が出来たら考えなさい

0

ご参考程度にお聞き頂ければと思います。 価値観はいろいろです。 住宅購入を早めにした方が、余計な引っ越し費用を払わないでよい、新規にアパートを借りる際に敷金・礼金などを準備しないでよいという感じになってしまい、 少しでも住宅費用をローン返済にあてたいという考え方は私自身当初しておりました。 たまたま仕事の関係で転勤したので、結婚して子供が出来てから一戸建てを買いました。 他の方が回答されているように子育てしている中で、どんな間取りが理想的というのは実際住んでみた方が個人的にはイメージがわきやすいと思います。 私の場合、子供が出来て、家に「こんな設備があった方が良い、間取りはこんな方が良い」という考えになりました。 なのである程度たってからでもよいかと思います。 また想定で住宅ローンを組んだ場合 3000万円 返済期間35年 ①フラット35 固定金利1.3%の場合:月々返済8.9万 ②変動金利0.6%の場合:月々8万 ローン返済だけで上記の金額になります。 ここから固定資産税(住宅・土地によっては差がでます)+住宅保険等でなんやかんやで年15万~20万はかかります。 それを月換算し、住宅ローンと支払うと月々家の固定費が10万以上はかかります。 ※修繕費費用・メンテナンス費用は別途かかります。 そうなってくると質問者様が産休に入られた場合、ちょっと生活が苦しくなる可能性もあります。 それらも考えてながら、今後のプラン立てをして住宅購入を進められた方が良いとは思いますね。