ID非公開

2020/8/6 5:51

99回答

日本では海外旅行のガイドブックがたくさん何種類も売られていますが、このガイドブック(またはその一部)を旅先まで持っていかれる方と言うのはどれほどいらっしゃるんですかね。 また、旅行前

日本では海外旅行のガイドブックがたくさん何種類も売られていますが、このガイドブック(またはその一部)を旅先まで持っていかれる方と言うのはどれほどいらっしゃるんですかね。 また、旅行前 に良く読むと言う方もどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。 ちなみに自分は持っていかないし、読まないです。旅行の行き先は旦那か姉が決めて、現地では2人の行きたい場所に行くって感じです。旦那はネットで情報収集派で、姉は忘れっぽいのでガイドブックを読むのに当日忘れて来る派です。

補足

私が取る立場に対して物申したい方が居るようなので付け足しますが、私はヨーロッパ在住で週末に国内旅行と同じ感覚で旅行出来ます。姉は日本在住なので、姉に決定権を譲ってあげていると言う状態です。 旦那はプランナーの鬼なので、逆に私が口出しするのを嫌がりますし、サプライズしたい派なので、あえて私は情報をシャットアウトしている面もあります。 質問内容は「あなたはガイドブックを旅行前に読みますか?そしてそれを持って行きますか?」と言うモノで回答はYesNoで事足りるものですので、私の立場を表明するに留めて詳細は省きました。そこの所勝手に想像しないで下さい。

観光 | 海外108閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

個人の自由旅行が多いので持って行きます。地球の歩き方(大まかな情報)とロンリープラネット英語版(文字が多いけど詳しい)の2冊持ちです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

数人シンプルな求められている回答のみ書かれている方の中から選ばせて頂きました。 こうやって回答を見てみると、独善的の基準で他人の事情を良く知りもしないのに説教しようとする人が多く、感謝を強要する前に、人の事情を勝手に想像して的外れなコメントをした事を先ずは謝罪すべきでは?と思いました。それにナイスと押してる、底意地が悪い人が多い事にゾッとします。

お礼日時:8/7 1:39

その他の回答(8件)

3

どれくらいって、具体的な数字は、それこそ出版各社の販売部数を集計しなければわからないですよね 業界内部のデータになるわけですし、どうなんでしょう、こんな場所で、見知らぬ他人に、何の利益もないのに、そういうデータを出すようなお人好しっているのかな ただ、街中の本屋や空港の本屋を見る限りは、ガイドブックを買う人というのは、結構いるんじゃないかと思います ご存知のように小売店というのは坪効率が一定以上でなければ商売が成り立ちません 売れない商品を商品棚に置き続けても、何ら利益を生まないばかりか、家賃やら人件費を食い潰すだけです ということは、書店にガイドブックが置いてあるということは、他の商品に置き換えなくてもいいぐらいには売れている、ということなのだと推測します ちなみに、私も「スマホ」前はガイドブック派でしたし、初めての旅行先についての知恵袋での質問に対しては、今でもガイドブックを推奨しています ところで 知恵袋の質問や回答を見ている中での感想としては、事前にネットで旅行情報を調べる人や、旅行中にネットで現地情報を調べている人は、かなり多いように感じます ですから、もし質問の主旨が、事前に旅行情報を収集したり、現地でも旅行情報を調べる人がどれくらいいるのか?であるとすれば、ガイドブック派とネット派を合わせて考えると「相当に多い」のではないでしょうか https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69064?imp=0

3人がナイス!しています

5

行く場所にもよるのでは? 例えばハワイでも、ワイキキならガイドブックなんて要りません。欲しいお土産をチェックする程度でしょう。 でも、それがマウイ島やカウアイ島なら、ある程度ガイドブックを読み込んで持って行かないと、観光ができなかったりします。 まあ、普段「連れて行ってもらうだけ」の人は、どこに行っても必要ないと思いますが。

5人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/6 16:00

一々私に対する皮肉や説教的な叱言は要らないです。旦那も姉も行きたい所が山程ある人達なので、「私が」こうじゃないと旅行日程内での行動が軍隊行進の様になってしまいます。 人の事情を良く知らないなら何も言わないがマナーですし、質問に対する回答には不要なコメントです。

4

インターネットがなかった時代は、「旅名人ブックス」シリーズを出発前に買って読み、「地球の歩き方」を図書館で借りてざっと読み、同朋舎の「望遠郷」や「タビト」が出ている場合はそれを持っていく。これがパターンです。他のガイドブックや雑誌も図書館にあれば読んでいました。あとは当時盛んだったパソコン通信で、現地に住んでいる人や旅行経験者に直接話しを聞くとかですね。 今はもう日本に住んでいないし、オーストラリアで売られているガイドブックは日本で自分が買っていたようなものはない。だから地球の歩き方に相当するLonely Planetは毎回、他にもよさげなものがあれば図書館で借りて読み、行き先の政府や自治体の観光局のサイトを読み、補足情報として4Travelの旅行記などを読む、くらいですね。まったく英語が通じないような地域ならともかく、そうでなければ現地に行ってからでも情報はいくらでも手に入る時代ですし。 自分で何も決めないなら、そりゃ読む必要もないでしょう。団体ツアーで司会か内人もあまり読む必要はないですね。 私は自分が旅する場所は自分で決め、誰と一緒に行けば一番楽しいかを考えて提案し、一緒にプランを練り上げるという旅行スタイルですから、情報を自分で集めるのは当然のことです。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/6 15:59

一々私に対する皮肉や説教的な叱言は要らないです。旦那も姉も行きたい所が山程ある人達なので、「私が」こうじゃないと旅行日程内での行動が軍隊行進の様になってしまいます。 人の事情を良く知らないなら何も言わないがマナーですし、質問に対する回答には不要なコメントです。

1

持って行って現地でも読みます。

1人がナイス!しています

3

ガイドブックにはたくさんの名所はお店が写真付きで 分かりやすく紹介されている。 プロが撮影したベストショットを見るだけでワクワクしてくるし せっかく行くなら私はここへ行きたいというイメージが簡単にわいてくる。 あなたは子供じゃないんだから旦那の言われるままに歩かないで 少しは自分の考えも提案したり行動したらいかが?

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/6 15:59

一々私に対する皮肉や説教的な叱言は要らないです。旦那も姉も行きたい所が山程ある人達なので、「私が」こうじゃないと旅行日程内での行動が軍隊行進の様になってしまいます。 人の事情を良く知らないなら何も言わないがマナーですし、質問に対する回答には不要なコメントです。