グラニについて ギルモンが相手効果の対象になり、グラニで守ったとします。 そして、そのままデュークモンを煌臨させたとします。 この場合デュークモンは耐性を受け継ぐのでしょうか?

グラニについて ギルモンが相手効果の対象になり、グラニで守ったとします。 そして、そのままデュークモンを煌臨させたとします。 この場合デュークモンは耐性を受け継ぐのでしょうか? あと、同じようにグラニをブレイヴしたギルモンがグラウモンに進化した場合、グラウモンはチェンジのように合体したままになるのか、それとも合体は解除されるのでしょうか?

バトルスピリッツ7閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

1つ目 グラニの耐性付与は引き継がれます。 2つ目 グラウモンに合体出来ません。 1つ目 煌臨後のスピリットに、煌臨元が発揮した効果や受けている効果の中でも「効果の持続期間」が記述された効果は引き継がれます。 具体的には、「このバトルの間」や「このターンの間」などの記述がある効果です。 グラニの耐性は『このターンの間』の記述があるため、煌臨元から引き継がれます。 2つ目 ギルモンに合体しているブレイヴは引き継げません。 『チェンジ』は『入れ替える効果』です。これは入れ替え前後で同一のスピリットのままとして扱います。よって、「入れ替え前」のアタック・ブロック宣言の状態や合体の状態などをそのまま「入れ替え後」に引き継ぎます。また、同一のスピリットであり召喚していないため、『入れ替え』では『神託』を発揮できません。 一方、『進化』は「進化を発揮したスピリット」を手札に戻し、「新たな別のスピリット」を『コストを支払わずに召喚する効果』です。よって、この2つのスピリットは別々であるため、状態は一切引き継ぎません。また、こちらは「新しいスピリット」を召喚しているため、『神託』を発揮できます。もし、「進化元」に合体している「ブレイヴ」が存在する場合はブレイヴのルールに基づき、合体しているスピリットと共に手札に戻すか、維持コアを置いてフィールドに残すかを選択してください。

追記として ルールマニュアルVer.11.0の変更により『手札に戻す処理』は直ちに解決されず『手札に戻る待機状態』になります。 よって『進化』の場合、「ギルモン」を『手札に戻す待機状態』に変更し、「グラウモン」を召喚します。その後、『召喚による派生効果』を解決し、解決軸を処理し終わった後で「ギルモン」を手札に戻します。 また、『手札に戻す待機状態』の「ギルモン」が効果でなく「グラウモン」の召喚の解決で消滅した場合、その時点で消滅に関しない他のカードの効果は受けなくなりますが、トラッシュではなく手札に戻ります。 (公式【進化】編 Q&A2より)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答ありがとうございます。 助かりました。

お礼日時:8/7 10:55