ニナファームジャポンがマルチ商法とかねずみ講だっていう記事を見かけたんですが、そうなんですか?

ニナファームジャポンがマルチ商法とかねずみ講だっていう記事を見かけたんですが、そうなんですか? サイトを見たらとてもそんなことしているようには見えないんですが…この記事が間違っているんでしょうか。 というかねずみ講とかマルチ商法ってどういう違いがあるんですか? どなたかわかりやすく教えてください。

コスメ、美容229閲覧

ベストアンサー

0

まず、マルチ商法は犯罪ではありません。ねずみ講は犯罪です。 よく「マルチ」と聞くのでいいイメージがないのかもしれませんが、マルチ商法はMLMというビジネスの方法の一つです。国でも認められているものなのでマルチ商法がダメなことという認識は改めた方がいいです。 MLMを行っている会社はニナファームジャポン以外にもたくさんありますので…。 で、ねずみ講ですが、簡単に言うと「商品が存在しないマルチ商法に見せかけた詐欺」です。『無限連鎖の防止に関する法律』で禁止されています。商品が存在しないのが特徴ですが、商品があるねずみ講もあるそうです。しかしその場合、粗悪な商品が多いとか。 ニナファームジャポンにはしっかり商品があり、それを人づてで販売するというビジネスを行っています。それがMLMです。ルールなどもいろいろあってシステムがしっかりしているので詐欺ではありません。 その記事はねずみ講とマルチ商法のことを勘違いしているのだと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただきありがとうございます。 理解できました。

お礼日時:8/7 17:33

その他の回答(1件)

0

ねずみ講は正式名称を「無限連鎖講」といいます。 会員になるには金銭の支払いが必要で、自分が会員になると他の会員を一人増やすごとに紹介料として一部の金品を得ることができます。そのように親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、結果的に一番上の親が儲かるという仕組みです。 これは日本の法律で禁じられているので、行うと犯罪になります。 一方マルチ商法はマルチレベルマーケティング(MLM)とも呼ばれ、ある商品を買うと会員になれます。他の人に商品を販売すると、その成果に応じた報酬を受け取ることができます。これは日本で認められているマーケティング手法なので、犯罪ではありません。 商品が存在するかどうか、すべての人が公平に収入を得ることができるかというのが大きな違いだと思います。 マルチ商法という名称が悪いイメージを引き出すので、ネットワークビジネスという名前で呼ばれることも多いです。ニナファームジャポンのビジネスもそれなので、犯罪ではないと思います。