ID非公開

2020/8/7 22:31

22回答

AppleのMacが今後2年かけて、Intel製から自社製CPU(アップルシリコン)に完全移行するにあたって、

AppleのMacが今後2年かけて、Intel製から自社製CPU(アップルシリコン)に完全移行するにあたって、 iOSアプリ(iPhoneやiPadのアプリ)がiMacやMacBookでも動作するようになるらしいですが、 反対に、Mac OSのアプリがiPadでも動作するようになったり、デベロッパーがそのようにアプリを再設計・再開発する可能性というのはあるのでしょうか? よろしくお願いします。

ベストアンサー

0

基本的に、当面はMac用としてのみ作られたソフトが iPadやiOSで動くようになることはありません。 ソフトの規模にもよりますが、たとえばiPadは第四世代でも メモリーが6GBしかありません。6GBもあるからこそ iOS用アプリでの快適性が実現していますが パソコン用としては、6GBしか無いとみなされる時代ですし パソコン用の、大規模なソフトは6GBのシステムでは まともに動かせない場合があります。 パソコンであれば、2GBしか無いメモリーでも 仮想記憶で補って、それなりに実用的に使えたりもしますが スマフォやタブレット端末には、仮想記憶を使えるだけのハードウェアがありません。 ですから、メモリーが4GBのMacで使えるソフトが メモリー6GBのiOSでまともに動かないという事態が起こりえます。 古いiOS機や低価格のAndroid端末などでは バックグラウンドのアプリの強制終了が頻発に起きることがありますが これも、パソコン用OSでは普通ありえないくらいの、iOSやAndroidの欠陥で その欠陥は、仮想記憶で補うことができないというハードウェアの限界に起因します。 逆に、パソコン用として小規模なソフトの多くは… 特に、Mac用として開発された小規模なソフトのほとんどは iOS用アプリで置き換えられるので Mac用をiOSで動かすメリットがほとんどありません。 ですから、かける手間やコストに見合うだけの成果が そこには期待できません。 ゆえに、Appleは過去の遺物を、同じように使い続けるためのロゼッタ2は用意しても 過去の遺物に、新しい使い方を提供するような投資をしません。 代わりに、これから作るソフトに 新しい形態のソフトウェア開発を用意します。 過去のMac用ソフトはMacでしか動かず 新しくmacOSとiOSで動くソフトを作ってもらう。 これが、ほぼぶれない昔からのAppleのやり方です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。 とても分かりやすく、詳細にご説明いただき、大変参考になりました。 Macのソフトで気に入っているものがあったので、iPadでも使えるようになればいいなと期待していたのですが、実現はなさそうですね。

お礼日時:8/12 10:51

その他の回答(1件)

0

もともと画面サイズ、解像度、UIが違うものだから、どっちにしろそのまま動くものではないはずだけど。 iOS→macOSにしても、Project Catalystによる移植はどっちにしろ必要。