ID非公開

2020/8/8 13:02

77回答

信号機前の右折レーンのゼブラゾーンは車で踏むのが正しいのか、踏まないで走るのが正しいのかどっちですか?

信号機前の右折レーンのゼブラゾーンは車で踏むのが正しいのか、踏まないで走るのが正しいのかどっちですか?

ベストアンサー

0

踏まなずに誘導されるのが正しいです。 ゼブラゾーンは有効活用です。 そのためにわざわざコストを掛け作ったものです。 そうでなければ意味がありません。 ただし、入った方が良い場合もあるので、原則入らないという事です。 左折のゼブラゾーンも入らないのが原則です(意味があります)。 大型など入る必要のある場合もあります。 キャッツアイやポールが立ってる場合もあります。 私は後続に注意を促すため、少し入ることもあります。 ゼブラ自体が中央線になってる場合もあるので、基本入りません。

その他の回答(6件)

0

ゼブラゾーンは、走行車線ではないというだけなので、 走行車線を走る車を妨げることがなければ、 特に踏んで走って問題ないと思いますが。 まあ、ほかの走行車線を走っている車の 邪魔をして事故でもするようなら、 過失割合はかなり増えると思いますが。

0

導流帯を避けて、(導流帯に入ってからではなくて直接)右折レーンに入るのがノーマルな方法ですね。 右折レーンがあることが分かって、3秒間ウィンカーを出せば、自然にそうなることが多いのではありませんか。いきなり入ろうと思って入ってはいけませんからね。 ただ、右折レーンが右折待ちの車で詰まっていて、導流帯に入らなければ直進レーンをふさいでしまう場合、逆に直進レーンが詰まっていて、導流帯からでなければ右折レーンに入れない場合は、迷わず導流帯を利用すれば良いです。 通常は通行しないようにするが、必要な場合は通行する。 それが、通行禁止ではないということの意味です。

0

踏まないことが推進されています。 ゼブラゾーンの乗り入れを禁止する法律はないものの、分離帯、導流島同様に立ち入らないことが一般的です。 教習所でもそのように指導されています。