回答受付が終了しました

家賃支援給付金を7月16日に申請したのですが、8月8日現在マイページになんの変化もありませんし、不備メールも来ません。 同じような状況の方おられるでしょうか?

家賃支援給付金を7月16日に申請したのですが、8月8日現在マイページになんの変化もありませんし、不備メールも来ません。 同じような状況の方おられるでしょうか?

学校の悩み289閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

1

省庁はお盆お休みをすることはなく動いていますが、職員の大半がこの時期にお休みを取ります。あと昨日は確認の電話が役所から掛かってきたのですが「この時間なんで発送は月曜になります、、、」って時計見たら16時。閉庁まで1時間あるのにお客様のためにぎりぎりまで対応する民間との考え方の違い!まったく生産性のないやつらは・・・!とあきれました。1時間もあれば書類の発送なんかできるだろうに、やつらは帰る準備で忙しく、うごかねーんだろうと。そういうやつらです。すぐ電話して問い合わせることをお勧めします。

1人がナイス!しています

0

「法人のほうから申請処理をしているのではないか」という意見はけっこう聞きますね。仮にそれが事実だとすれば個人事業主への給付は若しかしたら遅くなるのかもしれませんね。 また、「持続化給付金」は、サービスデザイン推進協議会なるものから、「みずほ銀行」「電通ワークス」「日本生産性本部?」等に18億円が渡り、残りの749億円を電通が受託して「電通のグループ企業」が担い、さらにパソナやトランス・コスモス、大日本印刷、等々に委託されました。 今回の質問である「家賃支援給付金」は、「リクルート」が受託し、「デロイトトーマツコンサルティング」「凸版印刷」「ベルシステム24」「TMJ」「ニューズベース」等に委託。 持続化給付金で、電通の関連企業が再委託先の多くを占めたことを意識してか、「事務局や全体管理の業務、受付システムの開発・運用・保守」以外はリクルートの関連企業への再委託がないようにしているようですが、 「デロイトトーマツコンサルティング」は、さらに4社に外注。他に博報堂や三菱UFJ、等々、計32社もが主要業務に携わっています。 (「主要業務」と言っていることから、さらに細かく下請けの外注先がいるものと思います。但し、これはあくまでも私の個人的な想像ですが…) 持続化給付金と家賃支援給付金とでは、このように受託し業務にあたっている企業が大きく違いますので、業務の進め方も違ってくるのではと思います。 早目に申請した方でも、マイページでは未だに最初のままの「申請内容確認中」の方も物凄く多いのではないかと思います。気長に待つしかないようですね…

追記ですが、さらに「お盆休み」が絡んできます。 一応8月4日に極一部の最初の支給を開始して取り敢えずのポーズを取ったようですが、業務に携わる企業がお盆休み返上で業務を進めてくれるのか、個人的には甚だ疑問です。

0

法人の審査は順調で、初日申請分で法人は4日に入金済み、個人は未だに審査中です。個人の申請が多いのか、審査部門に問題があるのではないかと思われます。

0

14日組ですがまだです。 審査側のミスで止まってました。 予想ですが、審査ミスが乱発しており多少止まってる可能性があります。