ID非公開

2020/8/12 8:52

33回答

香港のマネー退避先云々言ってるけどさぁ、そもそも金持ちは全員親中派じゃなかったの?海外に資産を移す必要なんて微塵もないじゃん?

香港のマネー退避先云々言ってるけどさぁ、そもそも金持ちは全員親中派じゃなかったの?海外に資産を移す必要なんて微塵もないじゃん?

中国史 | 国際情勢12閲覧

ベストアンサー

1

丁度1年前の日経に「中国の貿易統計に不自然な”その他”」というのがありました。 貿易を装った海外へのマネーフライトが到底無視できないほどにあるそうです。 本土の共産党幹部は不正に得たカネを海外に送金し、子弟を移民枠のあるアメリカ、カナダ、オーストラリアの大学に留学させ、身が危うくなった際に逃亡する準備をしています。 香港が中国本土並みになれば、法律の改変でいつでも資産を取り上げることが出来るでしょう。犯罪をでっち上げ、取引材料にして巻き上げることも可能になるでしょう。 香港在住の起業家は商売上親中の振りをしていますが、水面下で資産を安全な国に移す作業を着々と進めていることでしょう。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

バカみたい

お礼日時:8/12 18:44

その他の回答(2件)

1

中国本土の共産党員や金持ち達ですら、何かあったら直ぐに資産を海外に逃避させようとしたり、いざという時の為にアメリカのグリーンカードをこっそり取得してたりするのが当たり前ですから、香港において何をか言わんや、でしょう。

1人がナイス!しています

2

中国で不動産を持っていても共産主義の中国ではいつ取り上げられるかわからないから、日本の土地を買いあさったりするのです。 中国の都市部の不動産は単なる使用権の売買。 一国二制度で50年間の「高度な自治」を認め、イギリスの資本主義と中国の共産主義で、資本主義を維持してくれるものと考えていたら、なし崩しに自治を認めなくなりました。 「次は私有財産を取り上げてデモや政治闘争資金を奪うつもりでは?」と考えてもおかしくはありません。 香港を見せしめにすることで、中国本土の体制引き締めもあり得ることです。

2人がナイス!しています