この曲の以下の部分ってクリシェですよね? https://youtu.be/FzYyDPS4cEU?t=66 サビの歌詞『肉はエヌですか?』と『ギザ十が泣いていました、』の間の4つの和音

この曲の以下の部分ってクリシェですよね? https://youtu.be/FzYyDPS4cEU?t=66 サビの歌詞『肉はエヌですか?』と『ギザ十が泣いていました、』の間の4つの和音

作詞、作曲 | 音楽21閲覧

ベストアンサー

0

細々とサウンド制作に携わっています. 以前、専門スクールで作曲&DTMを教えていました. 大雑把にはクリシェで良いと思います. その場合、「ベース・クリシェ」という言い方になると思います. クリシェは、基本的にルート音が保持され コードトーンの一部が変化しつつも、コードの機能が 保持されるものだと思います. ベースが変化するとコードの機能が都度変わりますので、 クリシェの拡大版みたいな?感じですかね. (個人的には、これをクリシェとは思ってません) この部分のコード進行は、「ベース・クリシェ」という見方をしたら、 「C#m→C#m/B#→C#m/B→C#m/A#…」という、 単にベースの半音下行になると思います. 細かく見たら、 「C#m→G#7/B#→E/B→A#m7(♭5)…」という、 次々とコードが変化している状態になります. (実際の曲で、コードトーンが全て出揃っているワケではありません) 「A#m7(♭5)」は、「F#7(9)」の根音省略形で、 「E」に対しての、ドッペル・ドミナント(Ⅱ7)です. もし作曲者に聞いたら、 「そんな深い意味は無いよ」 「単にベースを半音下行させただけ」 と言うかもしれません. 何かお役に立てれば幸いです.

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ベストアンサー遅れて申し訳ありません。 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:9/9 5:56