回答受付が終了しました

被保険者が親で、契約者と満期金・死亡保険金の受取人が私である終身保険についてですが、

被保険者が親で、契約者と満期金・死亡保険金の受取人が私である終身保険についてですが、 これまで私が保険料を支払ってきましたが、出産を機に退職したため、支払いが難しくなりました。 恥ずかしながら親を頼らざるを得ないのですが、生前贈与などの方法もあると知りました。 どのようにお願いすればいいかご助言いただけますでしょうか。

生命保険 | 税金11閲覧

回答(2件)

0

方法は2つ 1つ目は毎年保険料相当額の資金の贈与を受け、受けた資金を原資としてあなたが保険料を払う。 2つ目は他の回答にあるように親に保険料を負担してもらう。 一つ目は保険金はすべて所得税の課税対象となり、2つ目は親の負担した保険料に対応する部分の保険金は相続税の課税対象、あなたが負担した保険料に対応する部分の保険金は所得税の課税対象となる。 保険金に対する税負担は一般的に贈与税が重く、次に所得税、軽いのが相続税となるので、2つ目の方法の方が税負担が軽くなる可能性が大きい。(あくまで可能性の問題で確実にそうなる訳ではない。)

0

ID非公開

2020/8/14 7:04

保険会社に契約者をあなたから親に変更手続きをする。 親が死亡後に受け取る保険金のうち、総保険料分のあなたが支払った保険料の割合分は所得税の一時所得の対象、総保険料分の親が支払った保険料の割合分は保険金支払事由の内容によって相続税や贈与税の対象になる。 こんな面倒な取り扱いをしたくないのなら、保険会社に言って払済保険に変えてもらう。

ID非公開

2020/8/14 7:08

>契約者と満期金・死亡保険金の受取人が私である終身保険についてですが 終身保険なのに満期保険金がある理由が謎 終身保険の満期日はいつですか?