回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/17 14:11

55回答

スーパーなどでレジ袋が有料になりました。

スーパーなどでレジ袋が有料になりました。 海などにレジ袋が浮いていて、環境汚染を防ぐため、という理由かと思いますが、レジ袋が世の中から少なくなると、地球温暖化に少し歯止めはかかるんでしたっけ? (co2排出が減って、地球温暖化が止まるのでしたっけ?)

地球温暖化40閲覧

回答(5件)

2

レジ袋が少なくなっても、地球温暖化の防止効果は全くありません。 レジ袋はプラスチック全体の2%を占めるにすぎません。 また、石油からつくるプラスチックの処分で出るCO2は、人類が出すCO2全体と比べてわずかです。 レジ袋を減らしても、わずか過ぎてCO2排出全体を明白に減らす効果はありません。 そもそもCO2は温暖化の原因ではありませんから、仮にCO2の排出を半減させたとしても、温暖化を止める効果は全くありません。 温暖化の本当の原因は1900年代後半の1000年ぶりの活発な太陽活動です。自然現象ですから、人間が温度を左右するのは不可能です。 レジ袋は全員が燃えるゴミとしてゴミ回収に出せば、海洋汚染の原因にはなりません。ごく一部の不心得者が不法投棄するから、レジ袋が海まで出てしまいます。 ゴミのぽい捨ては罰金50万円にして、川の河口にプラスチック回収ネットを設置すれば、海への流出はほとんどなくなるはずです。

2人がナイス!しています

0

既に3年前からこの問題は発生しており中国沿岸では880万トンものプラスチックゴミが処理されずに海に捨てられていたと報告されています。 異常気象の原因は海水温の異常な上昇によるもので日本列島の南下にある中国沿岸からの汚い海水が日本に流れて来て異常気象を引き起こしているに違いない。 早く中国の沿岸部を掃除しなければ今の状況はもっと酷くなるだろうと思う。この問題についてどのように中国に対して対処するのか政府から強く言って欲しいものだ。中国が全て悪いと思う。

1

プラスチックの生産や廃棄で排出されるCO2は主要な排出源ではないので、温暖化にはそれほど影響はないと思います。

1人がナイス!しています