オズの魔法使いで歌われている over the rainbow は、どのあたりが14歳の少女には相応しくないのでしょうか?

オズの魔法使いで歌われている over the rainbow は、どのあたりが14歳の少女には相応しくないのでしょうか? https://www.youtube.com/watch?v=1HRa4X07jdE

作詞、作曲 | 外国映画16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

具体的に「どこ」と指摘された記事見た事ありません。 全体的に「大人びすぎている」という理由と思います。 下記 和訳でも後半は確かに大人びた表現とは思います。 どこか虹を超えたところ ずっと上のほう そんなところがあるって いつか子守唄で聞いたわ どこか虹を超えたところ 空は青く そしてあなたが夢見る、そんな夢見る夢だって 本当に実現する いつか私は星に願いたい、 そして雲たちが遠くにあるところで目覚めるの わたしを超えて いろんな問題もレモンの滴のように溶けてしまういるところ 煙突の上よりずっと上のほう そこならあなたは私を見つけるでしょう どこか虹を超えたところ 青い鳥たちは飛ぶ 鳥たちは虹を超えて飛ぶ なぜなの、ああなぜ私にはできないの? もし幸せの小さな青い鳥たちが飛ぶならば 虹を超えて なぜ、ああなぜ私にはできないの?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

( ^◡^)っ

お礼日時:8/22 23:39