ここから本文です

無線の最高峰

アバター

ID非公開さん

2009/2/1100:49:01

無線の最高峰

無線の最高峰は第一級総合無線通信士と第一級陸上無線技術士は並ぶと良く耳にしますが、
実際どちらが最高峰なのでしょうか?

補足第一級総合無線通信士と第一級陸上無線技術士の違いはなんですか?
どうゆう設備を操作できるのですか?

閲覧数:
25,274
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

non********さん

編集あり2009/2/1411:33:47

その両方を併せ持つ人を「一通一技」といい、いまネットを中心に流行っている言葉でいうと、この業界では「ネ申」と呼ばれるわけですが。

無線工学に関しては第一級陸上無線技術士の方が1ランク上ですが、試験科目の多さ、特に高速のモールス信号は合格するのに訓練を要する科目で、試験の難易度では第一級総合無線通信士の方が上とされることが多いです。

>第一級総合無線通信士と第一級陸上無線技術士の違いはなんですか?

他の方が書いておられるので詳しくは書きませんが、第一級総合無線通信士は通信操作、第一級陸上無線技術士は技術操作ができます。

>どうゆう設備を操作できるのですか?

第一級総合無線通信士といってまず思い浮かべるのは海外航路の船舶や、それと交信するために陸上に設置された「海岸局」と呼ばれる無線局で、モールス信号を使って電報などをやりとりする姿です。
短波を使っていたのですが衛星通信に置き換えられつつあり、第一級総合無線通信士は活躍の場を失いつつあります。

第一級陸上無線技術士の職場の代表は放送局でしょうか。
放送は公共性の強いものなので、電波の弱い放送局でも第二級陸上無線技術士以上の資格者が必要とされています。
20WのコミュニティーFM局でも第二級陸上無線技術士か第一級陸上無線技術士が必要です。
第一級陸上無線技術士でなければ操作できない局となると、テレビジョン500W超、その他の電波型式2kW超の局に限られるので、局の数としては非常に少なくなりますが。


>第一級陸上無線技術士の試験はマークテストのみです。
>過去問5年分くらいの解き方を暗記しておけばいけますよ^^

一度合格率を調べてみてください。
第一級陸上無線技術士の試験を受験しているのは20代の若者と50過ぎの人に2極化されています。
前者は大学生や専門学校生でその道のことを学び、資格が取れれば就職に有利と受験しにくる人です。
後者はその道の職場に長年勤務して、責任ある立場になったので資格が必要になった、或いはそういう立場になるために資格が必要になった人たちです。
そういう人ばかりが受験してあの合格率ですから そう簡単にはいけないことが解ると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2009/2/1401:04:59

どちらも最高峰です。
頂上が2つあるツインピークだと思ってください。

補足
ヒラメとカレイ、飛行機とヘリコプタ、みたいに使用目的によって必要な資格が違います。

hin********さん

2009/2/1214:59:55

車に例えると,なんでも運転できるのと,なんでも整備できるの違いかな〜と.

ume********さん

2009/2/1213:17:35

現在無線従事者資格はプロ・アマ合わせて23種類あります。
第一級総合無線通信士は第一級陸上無線技術士を除く22資格の操作範囲をカバーします。つまり第一級陸上無線技術士は別格になります。

試験科目は、
・一総通→無線工学の基礎、無線工学AとB、電気通信術、法規、地理、英語
・一陸技→無線工学の基礎、無線工学AとB、法規

一陸技の取得者が一総通を受験すると工学系の3科目が免除されます。
逆の受験の場合は法規のみが免除となり、これも一陸技の方が工学系のレベルが高いことを示します。

操作範囲では第一級総合無線通信士の方が広いですが、活躍できる場(放送局など)では圧倒的に第一級陸上無線技術士と言うことになりますね。

ta1********さん

編集あり2009/2/1522:20:30

どちらも最高峰ですが、操作できる範囲が違います。
ほんとの最高峰を目指すなら、両方とることです。

第一級総合無線通信士は「無線設備の通信操作」ができます。
第一級陸上無線技術士は「無線設備の技術操作」ができます。

「通信操作」は、電話で会話するようなものです。
「技術操作」は、無線機の調整とか、保守点検とかのことです。

第一級総合無線通信士は第一級陸上無線技術士以外の資格の範囲をすべて含んでいます。
たとえば、第一級アマチュア無線技士とか第二級陸上無線技術士を含んでいます。

試験の難易度的には第一級総合無線通信士のほうが圧倒的に上だと思います。
その理由の一つに、通信士の免許は国際免許なので、英語の試験があるということが挙げられます。
免許証は英文も併記されています。
あと、モールス信号の試験もあります。

第一級陸上無線技術士の試験はマークテストのみです。
過去問5年分くらいの解き方を暗記しておけばいけますよ^^


--- 追記 ---
>>noname_gonnbeiさん
>そういう人ばかりが受験してあの合格率ですから そう簡単にはいけないことが解ると思います。

確かに何の知識もない状態で受けるのは少し無謀かもしれませんね。
何か明確な目標があると奇跡的な力が発揮できるかもしれません。
私は幸いその道のことを学んでいたので一技を取得できました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる