8月下旬に岩手県奥州市にて小学校のグランドにドクターヘリが宮城県からきました。患者さんは救急車で先に小学校のグランドにきていてドクターヘリがくるのを待っていたようで、ドクターヘリが到着し救急車内で処置

8月下旬に岩手県奥州市にて小学校のグランドにドクターヘリが宮城県からきました。患者さんは救急車で先に小学校のグランドにきていてドクターヘリがくるのを待っていたようで、ドクターヘリが到着し救急車内で処置 をしました。その後、搬送先がなかなか決まらなかったのか、しばらくしてから仙台市の病院までドクターヘリで運ばれていきました。ドクターヘリがきた小学校のまわりには大きい病院もあり、また最近ドクターヘリ用のヘリポートを設置した病院もあるのに・・・・患者さんも救急車で小学校に到着してから30分以上ドクターヘリを待っていました。やはり岩手県は春に妊婦を受け入れ拒否したように、コロナに敏感なんでしょうか?人道的にどうなんでしょうか?この内容の出来事は地域版の新聞ですら載っていません。いつもはどんな小さいことでも記事がでるのに不思議です。隠ぺい?困ったことです

小学校955閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

3

大きい病院だからといっても、治せる設備と技術を持つ医者がいるわけじゃない。言葉悪いけど過疎地だから、箱は立派でも設備は旧型だし医者はかかりつけ医レベル・・・だから受け入れることができない。本心からすればその日に患者様が死んでもお金ガッポリなので受け入れたいと思いますよ。 救命救急は一番お金がもらえます。

3人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

病院があるからと言って、絶対に受け入れれるわけではありません。処置後確実に入院が確定するような感じなら、ベッドが空いていなければ受け入れられませんし、また専門知識が必要であったり、手術が必要な場合、対応できる医師がいなければ対応できません。逆に何も考えず、受け入れてできなくて亡くなったというほうが、問題は大きくなるのではないでしょうか。

1人がナイス!しています