回答受付が終了しました

かなり昔の話ですが、一時期 これからは電子書籍の時代が来て、 本屋なんて殆ど潰れる。 なんていう説が一部で流れていましたが、 結局、電子書籍って余り浸透せず 本屋も相変わらず活

かなり昔の話ですが、一時期 これからは電子書籍の時代が来て、 本屋なんて殆ど潰れる。 なんていう説が一部で流れていましたが、 結局、電子書籍って余り浸透せず 本屋も相変わらず活 気に見えます。 電子書籍は何故流行らなかったのでしょう? 本屋はこれからも潰れることはないでしょうか?

電子書籍 | 本、雑誌28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(7件)

0

書店業界 https://gyokai-search.com/3-bookstore.html 年々、紙媒体の雑誌・書籍の売れ行きは減少し続け、2018年の推定販売額は1兆2,921億円と22年連続の減少を記録し、96年の最盛期から約50%も落ち込んでいます。販売高の減少とともに閉店する書店は増え続け、18年は1万2,026店舗で、この20年間で閉店数は約1万店にもおよび書店減少に歯止めがかかりません。 検索してから質問しましょう。 僕はもう10年、実店舗に行きません。よくつぶれずにいます。

0

いやいや、本屋はめちゃめちゃ減ってますよ。 電子だけのせいではないですが、実際電子書籍の販売は伸び続けてる反面、紙の書籍の部数は減るいっぽうです

0

本屋の敵はAmazonなどの通販サイトですね。あれのせいで、教科書取次ぎやってるところか、チェーン店以外は田舎だとつぶれまくってます。

2

本屋さんはつぶれていますね。主に個人経営の本屋さんは まったく見かけなくなりました。 大手チェーン店の本屋ばかりです。 電子書籍ですが、確実にユーザーは増えています。 やはりスマホでしょう。スマホ以前は、端末をわざわざ そろえないといけませんでしたが、今はスマホで読めます。 電子の雑誌で人気が出た漫画が、紙書籍で出るというのも 多くなりました。 今後はそういうパターンが多くなるでしょう。 紙で本を読むのは、ここ100年ほどになるかもしれません。 自分は紙が好きなので、自分が生きている間は本屋さんに なくならないで欲しいですが。

2人がナイス!しています

1

紙の本、特に週刊誌やコミック、いわゆるコンビニ本等は、日本全国各地のコンビニで売っています。 普通の本屋さんがつぶれていったのは、コンビニと通信販売(Amazonとか)にシェアを奪われたからでしょう。 現在生き残っている本屋は、そう言った時代の中で生き残る道を見つけたというもので、今後も、当分は生き残っていくと思います。 10年くらい前に、電子書籍の時代が来ると言っていた人たちは、ただ単に、個人の願望を述べていただけなのでしょう。 そうは言うものの、スマホ世代向けのコミックやラノベでは、電子書籍は、大きく成長しています。

1人がナイス!しています