回答受付が終了しました

趣味程度に写真を撮っているものです。 初心者向けの一眼レフで気ままに写真を撮るのが好きで、特に何も決めずに自分の中で「いいな」と思ったものを撮っています。某美大の写真学科に通う友達

趣味程度に写真を撮っているものです。 初心者向けの一眼レフで気ままに写真を撮るのが好きで、特に何も決めずに自分の中で「いいな」と思ったものを撮っています。某美大の写真学科に通う友達 に、「写真を撮る時何考えてとってんの?テーマとかないの?」と言われました。自分的にはふと心惹かれたものを撮っていただけだったので「写真を撮る時のテーマ」というのが漠然的すぎて分かりませんでした。 確かに自分は趣味程度で相手は学びとして写真をやっているわけで、考え方も捉え方も違うと思いますが、私も良いと思った写真は周りに広めて評価してもらいたいという思いもあります。 写真を撮る時のテーマや考え方など皆様はどうお考えでしょうか? 写真を撮る時どうやって何を考えているのかなど教えていただければ幸いです。

回答(18件)

0

自分が個人的に気に入って撮る写真と人に見せてフォロワーを増やす為の写真では撮る物も撮り方も自然に変わるでしょう。 例えば貴方が商品の見本の写真を依頼されたとすれば傷等の欠点は写さずに光源を工夫したりパソコンで加工したりしてでも見栄えする様に撮るでしょうが、逆に自分がオクやフリマに出品する写真の場合はトラブルにならない為になるべく傷なんかもありのまま写して自然に近い状態で加工を加えてまで見栄えする様に撮らないでしょう。 就職活動のポートフォリオとしての写真ならば面接を受ける企業の社風に沿った写真を意識したり別の写真では技術や構図なんかの発想力をアピールしたりするでしょう。 しかし、それは意識しなくても自然に皆がやってる事で学校ではテーマを与えられたり理由を考えて良い写真を撮れといわれるだけで人によって風景が好きな人もいれば電車が好きな人もいる様に変わる。 被写体の何処を写すかなんてのも自身が意図する目的=テーマによって変わってくるのだから考え方もその都度変わる。 つまり、テーマとは簡単にいうと意図した相手がいるならばその写真で何を伝えたいかではないでしょうか? コンテストで1番になる写真と自分の思う1番良い写真は違う。趣味の写真は自分が良いと思う物ならばコンテストで1番になる写真じゃなくても良いのです。

0

テーマは無理矢理に見つけても仕方ありません。 貴方の場合は「いいな」と思ったものですから他人には理解されない事は有ったとしても、それは立派にテーマです。 ただ、ファインダーを覗くより前に、これの何処を「いいな」と思ったのかじっくりと思考するのは大切です。 思考した写真と、漠然と撮った写真では、思い入れのない他人から見たら説得力が違ってきます。 他人に見せないなら、その時の思いを補完する為の手段ですから、漠然と撮っていても大丈夫です。

0

わたしの場合は、 「自分の撮影した写真が、誰かを幸せにすること。」 です。

0

プリントして展示したり、フォトコンに応募するならテーマを決めたりするのでしょうが、スナップなどなら撮りたいものを撮れば良いのではないでしょうか。 じゃあスナップで「恋人」をテーマにしたら、不意に現れた野良猫は撮っちゃダメなのか?と言うことにもなります。笑 飛行機や花など被写体を決めて撮ることはあっても、テーマなんて仰々しいことは考えたことないです。

0

テーマとかまでは考えませんが、どういうふうに写したいのかで露出を考えて撮るのは普通のことだと思うけど。 何でもかんでもカメラ任せで気楽に写真を撮ると、記憶色から遠くかけ離れた写真になることが多いからね。 よくあるでしょ、逆光で人物を撮ったら顔が真っ暗、なんてことがね。 私なら人物の顔をスポット測光でだいたいの露出を決め、さらにそこからプラスの露出補正をする。 そのようにどう撮りたいのか、それは常に考えてシャッターを切る。 結局は、フィルム時代にポジで写真を撮っていたか、ネガしか知らないという人ぐらいの違いはあるね。 そのおかげで、Windowsのゲームで私の写真は使われたけど。