電動エアガンのバッテリーには、 ニカドバッテリー、ニッケル水素バッテリー、リポバッテリーなどが使われるようですが、 どのバッテリーを使用すべきか、銃ごとに規定があるのでしょうか。

電動エアガンのバッテリーには、 ニカドバッテリー、ニッケル水素バッテリー、リポバッテリーなどが使われるようですが、 どのバッテリーを使用すべきか、銃ごとに規定があるのでしょうか。 互換性はどうなのでしょうか。 最も扱いやすいものは何ですか。

ベストアンサー

0

「一般的な電圧を想定した仕様で、 ラージまたはミニサイズのバッテリースペースのある フルサイズ電動ガンに使用し、 一個につき発射数は3000発あれば十分」って条件なら、 最も扱いやすいのはリチウムフェライトバッテリーです。 http://gungineer.matrix.jp/nagamono_custom/dendou/battery/impression/LiFePO4/eagle/ea900/ea900.htm https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E6%A8%A1%E5%9E%8B-EA900-Li-Fe%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-1%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-5365V2/dp/B009JQ7CVG リフェは車載用に開発されたリチウム系バッテリーの 発火特性を抑えたバッテリーで 単純性能はリポに劣りますが 非常に扱いやすく 旧来のバッテリーにあった脆弱さや扱いにくさが改善されています。 http://gungineer.matrix.jp/nagamono_custom/dendou/battery/battery_2011/battery_2011.htm ・リポと比べ安全性が高い (耐火袋不要、基本不燃固形なので燃えません、心配なら使ってください) ・自然放電が非常に少ない (長期保管可能) ・放電能力が高い (サクサク動きます。ニッスイみたいなマッタリ感はないです。 電圧はセルの関係で9,9Vとちょっと強いものしか無いので ノーマル品よりサイクルアップしてしまいます。 購入したてや充電したての一時的に電圧が上がってる状態ものは 注意して使ってください。しばらく使うと落ち着いて使いやすくなります) ・長寿命、セルの耐久性が高い(バッテリー本体が割高でも長く使うとお得です。) ・急速充電可能 ・メモリー効果なし、追充電可能 ・容量はリポの半分、 だけど旧来バッテリーと比べると 電圧のタレが少なく、作動が安定性が高いので 同容量でもニッカドの倍くらい撃てます。 (ミニバッテリーで3000発くらい) ・寒さに弱いニッスイよりは耐寒性は高い

「ニッケルカドミウム」 それなりに放電能力もあり、 (過放電から復帰するような)耐久性もあった 電動ガン黎明期を支えたバッテリー 重量もあり、容量とタレが強いので撃てる数が少ない。 メモリー効果が強く カドミウムの環境への影響、 次世代バッテリーが普及したことによって現在は ほぼ生産されていない。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:9/12 11:23

その他の回答(3件)

0

「リポバッテリーが主流」でしょうね。 東京マルイは「ニッケル水素」を推奨していますが、 「メモリー効果」という厄介な機能がバッテリーに備わっていますので。 同じ事から、「ニッカド」を使っている人は、さらに少ないのでは? 扱う上では、「リポ」が銃の性能を安定させ、 かつ、一番わかりやすいですよ。

0

その電動ガンの製造元が 推奨するバッテリーを使うのが 一番いいでしょう。 そもそも バッテリはその種類・分類以前に 電動ガンの中にちゃんと納まる形の物を使う必要があり その時点でそれぞれの製造元が推奨する 大きさのバッテリーを使う必要があり 記載の上で類似した大きさ・サイズの物でも ほんの少しの寸法の違いで どうやっても納まらないという状態になる場合があります。 もし、どうしても 製造元推奨の物が嫌な場合は そうした「サイズが合わない場合もある」というリスクを まず覚悟する必要があります。 この時点で個人的には もう、そうしたリスクを第3者に勧める気には 小生はなれないのです。 そうなると 結局は製造元が ニカドを推奨している銃にはニカドを ニッケル水素を推奨ならニッケル水素 リチウムポリマーイオン電池を・・ならリポを ・・・となります。 勿論、個人の責任で 規定の電圧より高いボルトの電池を使えば 連射のサイクルが上がるみたいですが 一方でモーターやスイッチ類に負荷がかかり 電気部の寿命を縮めたり 故障の原因になる可能性はあります。 充電容積が大きい物は 安定した射撃を 長時間できるようになりますが 12時間耐久戦とかでない限り 個人的にはあまり必要は感じられません。 その上で推奨されるバッテリーの 個々の特徴を知りたい場合は ニカドバッテリーは 安価で低温や過放電に対する耐性が高く扱いが容易が、 継ぎ足し充電はメモリー効果を起こす危険から 残量がある場合は1度完全に放電して使う方が良いという事と、 サイズの割に容量が少ないというデメリットがある。 ニッケル水素バッテリーは ニカドをはるかに凌ぐ大きな容量を持ち、 継ぎ足し充電に比較的耐性があるが、 自己放電してしまうので、 使用していなくても容量が低下するのが難点と言える。 リチウムイオン電池(LiPoバッテリー)は コンパクトでパワフル、 継ぎ足し充電が可能で自己放電も少ないが、 反面、過放電・過充電に弱く 物理的ダメージに弱いというデメリットもある。 ニッケル水素とリポは 過充電や過放電を避け意味では 専用の過充電&過放電自動検知式充電器が あった方が安定して使える という事かな? ちなみに国内最大手の 東京マルイは現時点では 自社製品にはニッケル水素を推奨しているようです。