ID非公開

2020/9/9 22:49

44回答

登山鉄道のうち、粘着式を採用している会社の車両について質問です。

登山鉄道のうち、粘着式を採用している会社の車両について質問です。 つい先日Tゲージの動画みていて思ったのですが、登山鉄道のような登坂性能を求められる車両の台車の車輪を磁石にしてはダメなのでしょうか? 実用化されていないということはダメなんでしょうけど、なぜダメなのかを教えて欲しいです。 その辺に知識がある人にはものすごくおかしな事を言っているように聞こえるのかもしれませんが、そこは大目に見てください…

鉄道ファン | 工学42閲覧

ベストアンサー

1

そこに固着してて動かないのであるならば、磁石は有望です。 交通機関である以上、その場所を離れなくてはいけないですよね? 磁石ですと、剥がさなくちゃ1ミリも移動できないですよね?

1人がナイス!しています

一部の鉄道模型で永久磁石によりレールを吸引する製品が知られております。 この製品の目的は集電の改善にあります。小型の鉄道模型では車体が軽すぎるため、車輪がレール面を離れ空中にある時間が長い。 目視できるほど離れるわけではないが、電気を通さない事には充分すぎます。 つまり、車体をレールに押し付けていないと安定して走らないのです。 重石を乗せる場所もない場合、半ば苦し紛れに永久磁石でレールを引き寄せようとするわけです。 従って鉄道模型の例は、勾配に関係ないです。

その他の回答(3件)

1

スリップを防ぐほどの磁力は抵抗以外の何者でもありません。

1人がナイス!しています

2

地下鉄大江戸線や鶴見緑地線に採用されてる、リニアモーター式にするのは良いかもしれないですね。 リニアモーターだと駆動輪が存在しなから空転の心配はないのはいいかも。 ただ、どれくらいの勾配に対応できるのかまでは知りません。

画像

2人がナイス!しています