ID非公開

2020/9/10 12:18

55回答

フィギュアスケートを観にくる客はなぜおばさんが多いのですか?

フィギュアスケートを観にくる客はなぜおばさんが多いのですか?

2人が共感しています

ベストアンサー

0

競技の性質だと思う。美しい採点競技で静かに座ってみる競技は比較的女性が馴染みやすい。お上品ですよねフィギュアって。観劇の雰囲気に似てる。

その他の回答(4件)

0

中高生の人気ランキングでも羽生くんは1位。 20代女性のランキングでも1位。 宇野くんも2位など上位につけていて佐藤くんも同世代女子人気です。 でもアイスショーはお値段が高いので中高年である程度お金がある人が中心。 既存のショーは海外からお高いスケーターをたくさん連れて来るのと会場設営で高いんです。 多少お安い全日本や国別では上の方の座席は若い方が割と多いのと羽生くん主催のコンティニューウィズウィングスは私は席が前の方でしたが2、30代女性で半分くらい。 羽生くんが演技しないと言う前提だったのもありますがチケットがお手ごろだったのもあると思います。 地方大会などは行きやすいのですがショーとなるとお高すぎるのが原因かな。 ライブチケット並みの8000円弱くらいでスケーターのか数を抑えてのショーだと若い人も多くなると思います。 1万超えてくるといまの若い子には厳しいです。 真央ちゃんが新しい試みをやってくれていますよね。とても盛況です。盛況すぎてチケット買えないですが地方はとくに老若男女皆さんがくるそうです。 逆に高橋大輔さんが高級路線で攻めてます。 大輔さんの氷艶は逆に5、60代の芸術系エンタメ好きの富裕層を集めていました。 知り合いのフィギュアファンでもない方が 3万くらいのチケットで前のほうの席に座っていてプロジェクションマッピングが綺麗だったと言っていました。羨ましかった! 色んな試みがあって良いと思いますが 値段抑えて若手若手の男子で既存リンク使ってショーをやれば若い子いっぱいくると思いますけどねw。 明治法政オンアイスと言うのがありましたけど 無料で非常に盛況でした。学生も多く行きました。

2

他の回答者さんもご指摘のように、子育てが一段落したおばさま世代が、一番時間とお金に余裕があるからです。 フィギュアスケートは野球やサッカーのように地元の会場で何度も行われません。テレビで中継するような大きな大会は、日本国内ではNHK杯と全日本選手権の二つ。グランプリファイナルや世界選手権は数年に一度日本開催が回ってくるくらい。 元々アイスリンクの維持にお金がかかる上、少ない観戦チャンスにファンが殺到するからチケットは人気と共に高騰化しています。 1日あたり2〜3万円のチケット×数日分+交通費+宿泊代。これでもし推し選手が1人だったら、それだけお金と時間をかけても、その選手の出番はショートとフリー合わせて20分ほどです(6分間練習含む)。 お金に余裕がなければ、そんなコスパの悪い趣味は敬遠されがち。その金額で他のコンサートやライブ、旅行、ディズニーやUSJに何回行けるか考えたら、「テレビで見たらいいよね」ってなると思う。 それに、若い人でも買いやすいお手頃な価格の席は、テレビ画面には映りにくい遠い場所だったりする。 あと、コアなフィギュアファンになると、ノービスやジュニアの試合もチェックして、年々成長する選手の姿を親戚のような気持ちで応援する楽しみもあり、おばさまの母性本能をくすぐりがちです。

2人がナイス!しています

1

10後半、20代、30代前半を若者と考えた場、 30代後半、40代、50代、60代、70代、80代、のおばさんの数は圧倒的に多い。 出生数は年々減少しているので、なおさら若者世代の数は少ない。 …という、大前提がある中で、 やはり、暇も金もあり自由度も高いおば様方の趣味として、芸術的な要素を兼ね備えながらハラハラドキドキのスポーツ要素も満喫できるフィギュアスケート競技が好まれるのは理解できます。絶対的スターや自分の推し選手が見られる華やかなショー、ドキドキする試合に合わせて旅行も楽しめ日常を離れられるといったところも、子育てや仕事がひと段落したおば様にウケる理由だと思います。 若者は、家で応援派が多いと思います。

1人がナイス!しています

4

昔からフィギュアは女性ファンの比率がすごく高いんです その女性ファンの中でも暇をもて余していて尚且お金を沢山蓄えているのが中高年の層になります おばさん達は一万円超えする高額なチケットでも普通に買えます フィギュアは男女のシングルだけではなくアイスダンスやペアの競技もあるので一日で大会が終了することはまずありません ですから大会期間中の試合(世界選手権なんてかなりの日数になる)を全通しで楽しむにはチケットを複数枚購入しないといけませんし旅館やホテルに連泊する必要があります(当然お腹も減るし) 地元開催の場合はラッキーですけど殆どの場合は交通費用がかかります 海外の大会の費用は少なく見積もっても数十万はくだりません(若い人で長期間学校や仕事を休むのは難しい) 大体ですけどこのような理由でおばさん達が必然的に多くなってしまいます(羽生選手の影響もあるとは思うけど)

4人がナイス!しています