回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/10 12:43

99回答

最近の気候は異常気象ですが、

最近の気候は異常気象ですが、 これ以上ひどくなるとどうなりますか?

回答(9件)

0

大気中のCO2(二酸化炭素)が人類の手により毎年350億トンも排出されているのをやめない限りは大気中のCO2濃度は増える一方です CO2は太陽光を吸収した地球が暖まって地表より放射される赤外線を吸収して温室効果をもたらし、地球の平均気温を上昇させています。地球の気温が上がると地表の3分の2を占める海洋から蒸発する水蒸気量も増えてまた大気も気温があがると多くの水蒸気を含む事が出来るのです。このことを大気の飽和水蒸気量があがるとも言います 日本の様に四方を海に囲まれた国ではもともと降水量が多い方でしたが、雨の降り方が違って来て、雨を降らす積乱雲が巨大化すると短時間記録的豪雨の原因となったりして川の氾濫などが段々と多く成って行きます。 また台風も海水温が高いと勢力を落とさず日本に上陸するようになり、積乱雲の渦となり風だけでなく豪雨をもたらす量も多く成ります 世界は地形によって温度が上がると言う事は干ばつになりやすい地域もあるのです。水蒸気の供給が少ないと気温の上昇は湿度の低下を招き雨が降らず、森林では木から水分が抜けてカミナリなどで山火事などが多く成りまたなかなか消えなくなり森林の消失面積も減ったまま回復していかなくなります。 アメリカではカリフォルニアやオレゴンなど西海岸の森林が山火事で煙が物凄くなっている一方でメキシコ湾沿岸ではハリケーンで豪雨による洪水の危険もせまっているのです 化石燃料を燃焼させることをやめるには火力発電所を原子力発電所に変えて、電気自動車の電気は原発から得る様にしたら世界で60%のCO2排出削減は可能です。また海水淡水化によって、乾いた森林にも水を送り植生の回復と拡大を図って大気中のCO2濃度を減らす様にする。 以上の事をしなければ事態は益々深刻になりますが、世界は未だそのようには動いてはいません

0

地球以外に逃げるところないんだから、み~んないなくなるということですよ。さようなら人類、さようなら。 さようなら!

5

→ 観測記録をひとつ事例あげますが、まあああああこういう風な変動なんだと、おもってるのですよ!ですよ!

画像

5人がナイス!しています

0

勿論悪化します。 そしてこの様な光景が世界中で増加して見られる事になります。 山火事は異常気象の一例にしかすぎません。 このメッセージは『化石燃料をこれ以上掘り起こすな』という事です。 https://www.afpbb.com/articles/-/3303874

5

最近の気候は異常気象ではありません。 マスコミはセンセーショナリズムの習性がありますから、該当しないものま大安売りで異常気象と呼んでしまうのです。それに皆さんは騙されています。 本物の異常気象は30年に一度の珍しい現象です。 これ以上ひどくなることはありません。もともと、気温や雨量は波のように変化するものであり、心配いりません。 10年後の2030年頃に太陽活動は200年ぶりにダルトン極小期並みに低下し、15年遅れで2045年頃に気温が1~2度低下し、1850年以前のような小氷期に入る見込みです。 人為的に排出したCO2は温暖化の原因ではありませんから、今後、CO2濃度が上昇しても、温暖化しません。

5人がナイス!しています