自転車に乗る際、原則車道を走るというのは分かるのですが、 埼玉県和光市と戸田市の間にかかる幸魂大橋のように車道 とは別に広い歩道が用意されており、車道の車通りも激しい

自転車に乗る際、原則車道を走るというのは分かるのですが、 埼玉県和光市と戸田市の間にかかる幸魂大橋のように車道 とは別に広い歩道が用意されており、車道の車通りも激しい 橋も車道を走らなくてはならないのでしょうか? 自転車で幸魂大橋の車道を走っている人をほとんど見た事が ありません。 ママチャリで車道部分を走っている人を見たこともあるの ですが、危険だなぁと思いました。 自分も幸魂大橋に限っては自転車で歩道部分を徐行して います。これが「歩道を通行することがやむを得ない 場合」に該当すれば良いのですが、実際のところどう なのか気になっています。 また、幸魂大橋の歩道部分は広くて歩行者も少なく、 見通しが良くて長いため、徐行で走るのが毎度ばかばかしく 思えてしまいます。他の誰も時速10km程度の遅さで 走っている人なんていません。皆自分を抜いていきます。 下手するとランナーにも抜かれます。 多少危険に感じてもやはり車道部分を走るべきなのか、 このような橋の上は「歩道を通行することがやむを得ない 場合」に該当しないのか、歩道部分を走る際はやはり徐行で なければいけないのか、この3点についてお答え いただけますようお願いします。

自転車、サイクリング105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

幸魂大橋レベルだと、少なくとも日中は、「歩道を通行することがやむを得ない場合」と考えるのは、難しい気がします。 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/five_rule/five_rule01.html はあくまで警視庁のページですが、実際に自転車で車道走行した感じでは、そのページにある「道路工事や連続した駐車車両…(中略)…普通自転車の通行の安全を確保するためにやむを得ないと認められるとき」という程ではない印象ですし。 印象ということで、あくまで個人的な判断であるのは恐縮なものの、車道走行はっきりいってそんな危険ではなく走りやすいですね。(危険でないとはいうものの、あくまで交通ルールの遵守が前提) さすがに、夜の車道走行は、自動車側から見ずらいと思うので避けた方が良いかもしれませんが…といいつつ、車道走行してしまう自分ww また、グーグルマップで見た感じでは、「自転車歩道通行可」の標識は見当たらなかったです。 仮に歩道を走れたとしても、法的に徐行義務がある点は変わらないです。 まあ、ほとんどの人は、歩道を走行しますよね。 一度車道走行してしまうと、歩道に避難できる場所が彩湖公園入口から和光側の交差点までないですし、歩行者やランナーに失礼のない様な走りさえしていればOKじゃないかな…と、勝手にそう感じてます。

と、書いては見たものの、日中でも「歩道を通行することがやむを得ない場合」に該当するかどうかは、状況によるでしょうね。 通勤時間帯で交通量が激しくなっている様なら、該当することもあるでしょうし。(その時間に幸魂大橋通行したことないから、分かりませんが) また、タイヤの細い自転車だと、幸魂大橋はともかくとして、橋のつなぎ目でタイヤを取られる可能性もありますよね。 確証ないくせに、度々失礼しました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、回答ありがとうございました。 迷ったのですが、実際に走ってみてくれたe_shifukusha様をベストアンサーに選びました。 結論は、車道部分は自転車でも走れる。戸田から和光に向かって左側の歩道は7.5㎞/h程度の徐行か押して歩く事になっている。右側は自転車歩道通行可(標識は見当たらないけど警察のシステム上は…)なので歩道の車道側を走り、人がいる時は徐行という事でした。

お礼日時:9/15 10:22

その他の回答(7件)

0

東京ですが「ここでは自転車は歩道を通行してください」という標識があります。

この返信は削除されました

0

自転車なので、「車道を走らなくてはならない」けど、やむを得ないと判断するのかどうかは、自分で判断しましょう。

返信ありがとうございます。 やはり橋の上でも本来は車道を走らなくてはならないのですね。 その場その場では自分で判断していたのですが、振り返ってみて自分の判断に自信が無く、他の人はどう感じているのだろう、どう考えているのだろう、と思って質問してみた次第です。 皆様の回答も参考に改めて判断させていただきます。

0

埼玉県のその橋について行ったことがないのでわかりませんが、一般的に橋は接続道路より狭いですね、安全の為に歩道があれば歩道に入ります。 安全以外に狭くなった橋ではどうしても自転車のスピードは車より遅いのでトラック等仕事の車に迷惑をかけるので歩道を選択しています。 歩道がない橋は後ろの状態を見て走って行きます。 う回路があればそちらに回ります。 道路交通法より自分の身を守るのが一番ですね。 道路交通法の「歩道を通行することがやむを得ない場合」はあいまいな表現ですね。

返信ありがとうございます。 法律よりも安全の方が大事というのは私も感じました。 試しに歩道を走る場合は全て徐行を守ってみたのですが、私がほぼ毎日走っているコース52㎞弱の間には約1.5㎞もある幸魂大橋を含め、その近辺の歩道が広く車通りが激しい道路は約10㎞にもなるので、その距離を全て徐行でぶちかますのは辛すぎる事が分かりました。 私も状況に応じて一番安全と思われる走り方を模索していこうと思います。

0

歩道の場合は自転車が許可されているところと許可されていないところがあります。 たいていの歩道は許可されてます。 標識出てますよ。 なので車道でも歩道でもどちら走ってもいいです。

返信ありがとうございます。 標識は気を付けて見ているのですが、私がほぼ毎日走っているコースは自転車の通行を許可する標識が出ていない道もそれなりに多くあります。 地域にもよるのかも知れません。

1

あそこは明確に自転車の歩道通行を認めている箇所です。 物事は臨機応変です。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました