軽減税率や所得控除、税額控除より給付付き税額控除がいいと言えるのは、なぜなんですか?

軽減税率や所得控除、税額控除より給付付き税額控除がいいと言えるのは、なぜなんですか?

税金 | 経済、景気3閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

給付付きは、「徴収を一律にし、給付で差をつける」事を目的とした制度です。 消費税のウィークポイントは「逆進性」、つまり、所得の少ない人ほど負担が大きくなる事にある(と言われて)いますから、このウィークポイントを所得によって受けられるサービスに差をつける事できれいに払拭する事ができます。 そもそも消費税は「不景気でも安定して消費される物」に課税されている事で、不景気でも安定した税収が期待される事にあるのに、その「不景気でも安定して消費される物」に対して税率控除を行ったのでは本末転倒。 はっきり言って増税する意味がない、と私は個人的に思っています。 所得控除や税額控除は組み合わせて導入すればよいのではないでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、ありがとうございました!

お礼日時:9/20 0:29