ID非公開

2020/9/13 13:03

55回答

趣味用品の断捨離について相談させてください。

趣味用品の断捨離について相談させてください。 僕はキャンプが好きなので、その関係の品を所有しています。 家中に散らかしてないし、断捨離しないと生活上の収納に困っている訳でもありません。ある意味では断捨離は必要ないかもしれません。 でも中には現状で使用頻度が低く、今後もっと低くなると予想される物もあります。 なので、断捨離で身の回りをスッキリしようと考えたのですが、、、 たとえば寝袋。 たしか2万円以上もして買った、いいとこのブランドの品です。 しかし、いざ使ってみると、僕のキャンプスタイルには合わせづらく、結局は数回使ったかどうか。最近は棚の一部を陣取ってホコリを被っています。 このまま放っておいても、カビが発生したりして結局勿体ない結末を迎えるのかな?と感じたり、かといって思い切って棄てるの?と自問自答の毎日です。 寝袋を例にしましたが、それに限らずこういった、 「売っても価値は低い。でももともと高価だったのに買って何度も使っていないから棄てるのも、、、」みたいな物はどうしたら良いでしょうか? なんでもかんでも捨てれば解決、売れば解決では、またいつか同じ事の繰り返しで、「勿体ない可哀想な物」が増えるのが苦しく感じます。 断捨離の上手な方は、どう判断されていますか? また今後、前述のような「可哀想な物」を増やさないためにも、僕自信が今回の機会をどう受け止め、解釈し、活かすべきでしょうか? アドバイス頂けると幸いです。 宜しくお願い致します。

掃除 | 生き方、人生相談35閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

断捨離とかこんまり式とかそのほかもろもろの片付けのコツを読み漁りましたが、 その寝袋は手放し対象だと思います。 なんだかんだの理由で使ってないってことですよね? 私自身、高額なものを購入して、実際なかなか使わず、かといって捨てられず、ずーっと実家に残していましたが、 経年劣化で拭いても埃臭さがとれなかったり、変色退色していたり、壊れやすくなっていたり破れやすくなってしまって、 「こんなことなら、使ってくれる人が現れるうちに安く買い叩かれても売ればよかった…」と後悔しました。 私自身の経験からも、 使ってくれる人がいるうちに手放した方がいいように思いました。 手放す罪悪感、買い物の失敗の罪悪感から逃げてるから 同じ失敗を繰り返します。 一度人の手に渡ってしまったら、それは使ってなくても【中古品】になります。 自分が買ってしまったらそれはもうその値段では売れません。(Switchのような、レア物でない限り) 「勿体ない可哀想な物」については、 「君はここにいて幸せかい?」と聞いてます。 「使ってほしい」という声が聞こえれば使うし、 「あそこに飾ってほしい」という声が聞こえればそこに飾るし、 「このまま部屋で朽ちてくだけなら、外の世界に出たい」と声が聞こえたら、捨てるとか売るとか寄付するとかなんらかの形で外に出します。 まず買う前に慎重に考え、使いこなせても使いこなせなくても責任を持つという覚悟をもって 買う… そうすることで、かわいそうなものを部屋に残してしまうことは減っていきます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました!ありがとうございました!

お礼日時:9/18 23:29

その他の回答(4件)

0

まさしくウチもそれにぶち当たっています笑 キャンプなんて月に数回行くくらいだし、更に使用頻度も少なくなりがちです。 私なら、まず写真に収めます。 思い出に浸れるものがあれば、意外と無くても大丈夫です。 高価なものだと勿体ないですけど、自分が使わないのであれば、使って貰えるように手配します。(リサイクルショップ行きにします)

0

キャンプ用品も、日進月歩で、1シーズン過ぎると、陳腐化するものがたくさんあります。毎年、作って売らないとメーカーも激しい競争で生き残ってゆけません。コールマンのキャンプチェアとか、機能的に完成していると思っても、廃番にして、どんどん新しいものを投入してきます。 これは良いものだと思って、購入されていると思いますが、ちょっとだけ良く見える、新しいものを見ると、すごく陳腐化したものを使っていて何となくはずかしい気持ちになるのは、会社の戦略に嵌っていると言えるでしょう。 自分のキャンプ・スタイルも、経済状況、環境、家族構成、子供の成長で、どんどん変わってゆきます。キャンプするという行為自体も、加齢や病気などで、行わなくなると思います。 そんな時のために、手放さなくてもいいものは、とっておいて、自分用博物館の展示品と思って保管しておけばいいと思います。もちろん、余裕があればですけど。 子供や知人、親戚に、キャンプの需要が生じたときに、昔使ったもので、まだ使えるけど、試しに使ってみるかい?と、渡すと、案外株が上がったりするかもしれません。

0

使わないと言うか、使う。 スタイルがと言うが、スタイルは何とでもなるから、スタイルにこだわらないって言うのも、もったいないを払拭する方法。 それと、キャンプ道具は収納方法を変えるとカッコ良くなるので、自分の部屋のお宝を飾る感じでやると、それを見ながら、スタイルを考えるのが楽しい。 もちろん、ヤフオクとか、そう言う所に売るのもあり。 春とか、秋に寝袋を出品すると、キャンプを始めたい人とか、キャンプを始めたけど、自分が使ってる寝袋は違うなっていう人達が新しい寝袋を買いたいけど......っていう時期にもなるしね。 寝袋もクリーニング出来るから、損傷が無ければ、欲しい人は中古でも買うよ。

1

①処分したい,②買値が高かった,③決断がつかない。 この3つは相矛盾します。 ②は既に過去の事柄なので,もう変えようがありません。 また,例示なさった寝袋は,結局持ち主であるあなたにとって実用価値が認められなかったわけですから,結論はもう出ています。 あとは少しでも買値を挽回するのに,一括売却ではなく,一品ずつオークションサイトを使う,程度でしょう。 ただしこれを遂行するには,相当な時間と労力がかかります。 身の回りを「スッキリ」させたい,という命題と両立しませんね。

1人がナイス!しています