ベテルギウスの超新星爆発が地球で観測されたとしても、それって要するにもう645年前に起こったことですよね?

ベテルギウスの超新星爆発が地球で観測されたとしても、それって要するにもう645年前に起こったことですよね? となると既に現実的には星自体は完全になくなっていても、645年間の間は地球から見ればまだ存在しているってことになるのでしょうか?

天文、宇宙153閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

確かに640光年離れたベテルギウスの爆発が観測されれば、それは640年前に起こった事かも知れませんが、光より速い観測方法を持たない我々にとっては、640年前の時点でそれを知る事は出来なかったわけですから “今” がその時であると考えるしか有りません。これは数光年であろうと、何万光年であろうと全て同じです。観測された時が “今” なのです。従って実際には消滅しているかもしれませんが、我々にとっては “まだ” 存在しています。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい説明、ありがとうございます!

お礼日時:9/18 10:11

その他の回答(3件)

0

オリオンを見れば、ベテルギウスが見えますね。 地球から見ればまだ存在しているってことになります。 宇宙規模で見ると、時間の概念が異なってきます。 結論から言えば、 ベテルギウスの時間と、地球の時間は違うということです。 ベテルギウスの時間で言えば、645年前。 地球の時間で言えば、現在です。 645年前にベテルギウスを高速度で脱出した人からすれば、 645年間時間が止まった状態になるので、 645年前 = 現在の地球 になります。 ここらへんは、アインシュタインの世界になってしまいます。

0

ペテルギウスの超新星爆発が、地球で観測されれば、 既にベテルギウスは無くなっていると言えます。 それが観測されない限り、ある無しは判断されませんが、 (貴方のデーター645年と私のデーター270年に違いがある) いつから645年間まだ存在すると貴方は仰っておられるか、 良く分りません。 それが観測されれば、まだ存在なんてありません、 既に無くなっています、言葉足らずか矛盾を感じます。