、 戦国武士、明智光秀(あけちみつひで)は、 何で?、 織田信長を、 ぶっ倒そうと思ったのですか? 、 、 、 歴史、麒麟がくる

、 戦国武士、明智光秀(あけちみつひで)は、 何で?、 織田信長を、 ぶっ倒そうと思ったのですか? 、 、 、 歴史、麒麟がくる

日本史 | ドラマ69閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

3

本当に理由は、明智光秀自身にしか分かりません。 本能寺の変後の、六月七日、吉田兼見が誠仁親王の使者として安土に下向し、安土城で光秀と「今度謀叛之存分」を雑談しますが、何故か兼見はその内容を日記『兼見卿記』に書き残していません。 そして、変後から山崎の戦いで敗北するまでの間に光秀が書いた書状が三通現存しています。 そこに書かれた謀反の理由が、「信長父子の悪逆が天下の妨げ」になるから、「(娘婿の細川)忠興などを取り立てる」為、「(直接名前は書かれていませんが)将軍:足利義昭の上洛を支援する」為と、三通三様になります。 これでは、本当の理由は分かりません。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんご回答有難う御座いました! 

お礼日時:9/20 7:38

その他の回答(4件)

2

・欲をかいた。 ・やらなきゃやられると思った。 の、どちらか?

2人がナイス!しています