回答受付が終了しました

地球温暖化は二酸化炭素排出等、本当に人間の影響でしょうか? 過去にも繰り返されているような地球環境の自然現象ではないのでしょうか?

地球温暖化は二酸化炭素排出等、本当に人間の影響でしょうか? 過去にも繰り返されているような地球環境の自然現象ではないのでしょうか?

地球温暖化58閲覧

回答(7件)

0

地球は2回アイスキューブやってるんですよ 地球には水で満たされていた その水は? 残ったものは? 行き先は宇宙ですね 残ったのは土と炭酸ガス 水が残り少ないだけです 6億年で枯渇するでしょう 無くなったら何で冷やすのかな?ってことです

0

そうですよ、自然現象です。地球は過去に何度も寒冷、温暖を繰り返しています。Co2やCH4(メタン)が大気にふえたり、減ったりして地球の気温をコントロールする要因の一つになっています。 現在は過去に閉じ込められた化石燃料を掘り起こして燃焼して、CO2やメタンCH4が増えて温暖化しているのです。過去も現在も原理はなにも変わっていません。 科学学会ではすでに決着のついている話です。それを今更ほじくり返して、研究を進めている研究機関、大学、気象機関などは、世界中にどこにも存在しません。 基本編、温暖化に関する13の誤解。 https://www.youtube.com/watch?v=OWXoRSIxyIU 応用編 気候変動は自然現象? https://www.youtube.com/watch?v=w5hs4KVeiAU ブラウザー版のYOUTUBEで自動翻訳、日本語選択で日本語になります。

5

地球温暖化は二酸化炭素排出等の人間の影響ではありません。 過去にも繰り返されている自然現象です。 CO2濃度の上昇が赤外線の吸収を増やし、温室効果を高めると実験で立証した科学者はいまだかつていません。 一方、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えないし、温室効果も高まらないことを実験で立証した科学者はいます。CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルです。 チンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。 ワート著「温暖化の発見とは何か」に書かれているように、 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はチンダルの実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート・オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。 CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。 CO2濃度が倍増してもCO2の赤外線吸収の波長域の幅は変わりませんから、赤外線の吸収は変わりません。 「地球温暖化懐疑論批判」では、CO2濃度を高めると、CO2の赤外線吸収の波長域の幅が広がるから、赤外線吸収が増えて温暖化するとしている図が載っています。 しかし、これは非現実的なまでにケタ違いにCO2濃度を高めた場合の結論で、現実におこりうる2倍に濃度を高めた場合の結論ではありません。 CO2赤外線吸収飽和論を論破するものとして説明していますが、定性的な話を定量的な話にも当てはまるかのように話をすり替えた素人だましです。 CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。 1980年代から科学的知見を無視して政治的に通説になっている温暖化CO2原因説では、CO2濃度が高まると地表から出た赤外線の吸収が増えて地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても、放射冷却を減らせません。 CO2の遠赤外線吸収波長の14~16μmの地球放射は全部CO2に吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。 従って、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化は物理的に不可能です。 ということで、国連、政府が支持し、学校でも教えている温暖化CO2原因説は間違っています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93 大気の窓 過去6億年ではCO2濃度の推移と気温の推移に相関はありません。CO2濃度4300ppmでも高温でなくて、氷河期の時がありました。 http://www.mnishioka.com/Warming/Shokku_4.htm 過去6億年のCO2濃度と気温 わが天の川銀河と他の銀河とが衝突、合体すると、恒星が爆発的に誕生するスター・バーストが起こります。 大量の大質量星が短い寿命を終えて、次々に、超新星爆発を起こし、地球に猛烈な量の宇宙線が降り注ぎました。スベンスマルク効果による雲で地球は覆われ、地表に届く日射が少なくなって、-50℃の全球凍結が7億年前と23億年前に起こりました。 大質量星の超新星爆発が一通り終わると、宇宙線は元に戻り、地表に届く日射も元に戻って、全球凍結は終わりました。 今後は20億年後に大マゼラン雲と、40億年後にアンドロメダ銀河と衝突・合体して、全球凍結が起こる見込みです。 公転する太陽系は1.5億年ごとに銀河の腕に入り、超新星爆発による宇宙線が増えて、スベンスマルク効果により雲が増え、地表に届く日射が減って氷河期になります。 4.5億年前、3億年前、1.5億年前と現在は氷河期、寒冷期です。 http://file.akumanosasayaki.blog.shinobi.jp/43b86032.jpg 顕生代の太陽系と銀河系 地磁気逆転時、一時的に地磁気が大きく減り、宇宙線が増え、スベンスマルク効果による雲が日射を遮って、78万年前と同様に3度低下します。 過去100年で地磁気は10%減少しました。あと500年位で78万年前に起きた地磁気逆転が生じる見込みです。 氷河期の間氷期と氷期の交代は、公転軌道の離心率、地軸の傾き、歳差の周期で決まるミランコビッチサイクルによる北半球高緯度の日射の変化で起こります。雪氷によるアルベドフィードバックが温度変化を加速しています。 現在、北半球高緯度の日射は極小値近くですから、気温への影響の時間的遅れからみて、2000~7000年後、1.5万年の間氷期が終わって、7℃下がり、9万年続く氷期に入る見込みです。 太陽活動による200年周期、1000年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動します。 1000年おきに太陽活動が特に活発になることで現れる温暖期になります。2000年前のローマ温暖期、1000年前の中世温暖期、現在の現代温暖期はそのような例です。 過去100年の太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、なんと0.98です。 太陽活動は地球の気候に強い影響を与えています。 http://www.jo7nli.jp/kanreika1.html 黒点数と地中温度に高い相関 http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2014_02/jspf2014_02-107.pdf Neffら 太陽活動とオマーンの雨量に極めて高い相関 図4参照 (2.宇宙気候学の現状と課題 Understanding Space Climate: Current Status and Open Issues 草野完也1,2) KUSANO Kanya1,2) 1)名古屋大学太陽地球環境研究所,2)独立行政法人海洋研究開発機構システム地球ラボ)

5人がナイス!しています

3

→ 長年やってるのですが、議論は複雑怪奇ですね!なにを問題視して議論へ取り上げるというのか?でしょうか? 排出CO2気体でという討論では既にIPCCモデル仮説が理論破綻状態なのですよ!ではそれ以外の何を議論したいと言う話なのでしょうね?誰がどういう視点を問題視するという議論でしょうか?陸上の人間社会周辺部の温度変化なのでしょうか?何処の温度を問題視しようという議論でしょうか?そういう議論の内容の詳細を区分けして議論を始めないといけないのでしょうね!複雑難解な話なのですよ! (下図参照: CO2相関値2種図 )

画像

3人がナイス!しています

0

人類が排出するCO2は1980年代は年に180億トンだったのですが2019年には350億トンと40年間に倍増しています。 40年間に1兆トン以上は大気中に排出し続けているのです 大気中には415ppmと言う濃度になっていますが近年には2.5ppmずつ増えているのです。これは重量換算したら50億トンですが、地球は炭素循環と言うCO2の吸収システムがありますが、吸収しきれず大気中に増えていくCO2が毎年50億トンだと言う事です 人類が排出するCO2がそれよりはるかに多い量になるので大気中にCO2が増えるのは自然要因ではなく人為的要因であると言う事は明らかです。大気中にCO2が増えたら大気が地表より放射される赤外線をため込み温暖化に向かう事は科学的に明らかで、それを否定するまともな学説も学者も今では皆無と言って良いでしょう。 アメリカでは西海岸地方の山火事も、大西洋側のハリケーン多発も気候変動と言われてますが、原因は人為的CO2の排出量増大によって大気中のCO2濃度増大による地球の平均気温上昇、いわゆる地球温暖化であると一般市民も理解しています 大統領は否定をするなど科学を無視しますが実際に山火事にあった住民は何年も住んでいるが近年は毎年、初めて経験する規模が大きい山火事が起きて今年は特にひどいと、昨年も同じような事を言っているのです。実際に被害にあった人は原因について理解もしており、学者も理解するのはそれほど難しくはない。温暖化ガスのために大気が温められ、乾燥するから木が燃えやすくなるから、と言っています 日本でも普通に近年の夏の猛暑は温暖化によるものとほぼ理解されています。その原因も人間が出すCO2によるものであると言う事もほぼ常識になっています。メカニズムが物理学の多少の素養がいるかも知れませんが科学的にも証明済みの事です