真如苑があれだけ広大な日産村山工場の跡地を購入した理由ってなんだろう?

真如苑があれだけ広大な日産村山工場の跡地を購入した理由ってなんだろう?

宗教71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

その他の回答(1件)

0

それは企業と宗教、土地の霊は、分け離れて影響してるものだからです。これは全ての大企業に言えますが、宗教が影響していない大企業は存在しません。 むしろ宗教の存在がなければ、統制が出来ないのです。基準がないとバラバラになるんです。これも自然界の法則なんです。 共産主義、そして日産の雰囲気、土星のマーク、真如苑、理屈でなく雰囲気で感じ取るしかないですが、色々説明すると誰も信じないのと 宗教と会社は関連付けてしまうと悪い事が起こるので、それは、なんとなく察知するしかありません。 ヒントはバックの光の色です。この地球は複雑多岐な世界のように思えますが、実に単純な法則により成り立っています。それは、私達が使う言語、政治、企業、宗教、国、土地や、動植物、人間、土、塵にいたるまで、全てはある法則に基づいて成り立っています。今、私達が見る、空に浮かぶ太陽の光は、地上に降りたつとき、屈曲して違った光で入っています。難しいですよ、これに気が付く事は。自然界を呆然として見ないと気が付きません。 世界には様々な宗教がありますが、この違いも、光のさし方の違いに同じで、基本をたどると、全ての宗教も単純なところから始まっています。 太陽が誕生して白い光は七色に分かれていきます、水星、金星、地球と生まれていきます。宇宙とは自由空間です・・基準はありません。 購入した理由としては、土地の霊的に同じ仲間だからです。 2つ例をあげると、トヨタ自動車は赤、真言密教 高野山 四国お遍路、木星・・これはお腹です。 三菱自動車、これはオレンジ臨済宗、これは火星です、京都嵐山など・・ キリストもヒンズー教も様々ありますが、光の配分の違いだけです。