高校3年で進路にとても悩んでいます。

高校3年で進路にとても悩んでいます。 将来の夢はイタリアンのオーナーシェフになって世界でビジネスをしたいと考えています。この際、高卒でも経営のノウハウを学べるのでしょうか?また高卒の場合海外で開業しようと思った時にビザの関係で支障は出るのしょうか?詳しい人がいましたら教えてください。

将来の夢16閲覧

ベストアンサー

0

1.経営のノウハウはもちろん学べます。大学に行ったところで、別に「レストラン経営に特化した経営学」なんて学べません。イタリアンに限らず、現在日本で料理界の重鎮として活躍している多くのオーナーシェフは二代目、三代目を除けば大半が高卒、調理師専門学校卒です。彼らの多くは調理師学校で経営の基本も学び、その後は、オーナーシェフが経営している店で働くことで実地に経営のノウハウを学んでいます。最近では、専門学校が「飲食店開業塾」などと銘打ってそれだけの授業をしたりもしていますよ。 https://www.suishin.ac.jp/public/restaurant-lessons.html 2.少なくとも私が住んでいるオーストラリア、本場のイタリア、あるいはフランスなどでは支障は一切ありません。例えば、日本人初、イタリアのミラノでミシュランの星を獲得した徳吉洋二シェフも、フランスのニースの松嶋啓介シェフも、そこまで有名じゃない店をローマでやってた私の知人も、みんな調理師専門学校しかでてません。高卒の人だってあちこちで頑張ってますよ。調理は学問じゃない。技術です。調理には学位は必要ありません。だから大卒以上なんてことはない。そして経営も学問じゃない。事業を経営するのに学位はいらない。厳しい国でも、実際に事業を成功させた、という実績があれば基本的にはそれでよし。

調理師免許も不要です。日本でも、外国でも。(というより外国ではそもそも通用しません)日本では、食品衛生責任者の関係で「もってりゃ楽」ですし、最初にどこかの店で働くときは、調理師専門学校卒のほうがスムーズでしょうが、もしコネがあって高卒すぐに入れてくれるなら何の問題もありませんよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考になります。ありがとうございました

お礼日時:9/19 0:36

その他の回答(4件)

0

回答させていただきます。 企業に勤務する人が海外勤務をするのはよく見かけますが、何故、海外でお店を経営する人が少ないのか? これは、下記のインターネットサイトを検索、閲覧するとよく解ると思います。 入力キーセンテンス(コピペ) → 海外で働きたい!と思ったときにチェックすべき4つのポイント 結構、難しいものがありますね。 でも、夢を叶えたいのであれば、ひとつひとつ、課題をクリアしていくことだと思います。 頑張ってください。

0

経営のノウハウはネットでも本でも勉強できますが、料理の腕は本では不可能です。 まずは、イタリアレストランで働くこと、腕を磨くことが重要ではないでしょうか。 イタリア料理が学べる調理専門学校で技術を磨くことが良いと思います。

0

日本人オーナーシェフが世界展開というとNOBUを連想しますね。モスクワで食べたことあるけど、自分的にはイマイチでした。 時代、背景など全然違うけど、そういう先人がいるので、頑張れば出来るのでは? 経営ノウハウは普段の仕事から学べるでしょうし、センス無ければ潰れるだけ。もちろん、何か大学院でMBA取るなら大卒でないと厳しいでしょうが。 大卒であれば就労ビザや起業ビザの発給に有利にはなるでしょうが、必ずそれが条件になっていない国もあるでしょう。国毎でルール違うと思います。どこの国で、というのがあればそれを補足で書けば、だれかその国に詳しい有識者が教えてくれるのではないでしょうか 頑張ってください。 モスクワでもオーナーシェフかわかりませんが、4ー5名の日本人シェフが昔から頑張ってますよ。ビザの種類知りませんが。

0

オーナーシェフって経営を兼ねてる料理長ですよね。調理師免許はいらないのですか? ノウハウは大学の経済科とかですね。セミナーでもいいと思います。 世界でなら英語は当たり前 取引先国の言語とかも理解していないといけないと思います。ビザはわかりません。