ID非公開

2020/9/17 12:37

11回答

ふるさと納税について サラリーマンの場合、投資などで儲けた分もふるさと納税の控除上限額の計算に含まれますか?

ふるさと納税について サラリーマンの場合、投資などで儲けた分もふるさと納税の控除上限額の計算に含まれますか? 含まれる場合、サラリーマンとしての給与をはるかに超える儲けがあった場合、給料から月々引かれている住民税以上に控除される可能性もありますよね。 その場合は、給料から引かれる分が0円になるまでは給料から引かれて、それ以上であれば、確定申告で返ってくることになるのでしょうか? それとも給料から引かれる分は給料から計算した控除限度額のみで、投資等で儲けた控除分は、全て確定申告が必要になるのでしょうか?

税金 | 資産運用、投資信託、NISA37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/9/17 13:17

>サラリーマンの場合、投資などで儲けた分もふるさと納税の控除上限額の計算に含まれますか? →申告すれば当然含まれます。 >その場合は、給料から引かれる分が0円になるまでは給料から引かれて、それ以上であれば、確定申告で返ってくることになるのでしょうか? →どういうことを想定して言われているのか分かりませんが、例えば給与収入300万円、「特定口座」(源泉徴収有り)の株式譲渡所得1億円でふるさと納税を上限まですると、寄附金控除が総合課税分(給与)から引き切れませんから、確定申告をすると給与の源泉徴収税のすべてと株式譲渡所得の源泉徴収分から一部還付されます。 また、寄附金税額控除(住民税)により、給与の特別徴収税は0となり、株式譲渡所得の特別徴収分も一部還付されます。 >それとも給料から引かれる分は給料から計算した控除限度額のみで、投資等で儲けた控除分は、全て確定申告が必要になるのでしょうか? →あなたの言う「投資」って何ですか? 「投資」の種類によって異なります。