エクセルマクロについて教えてください。

エクセルマクロについて教えてください。 以下のようなもの(検索履歴の一覧作成のようなもの)が実現できれば大変うれしいのですが、分かる方いらっしゃいますでしょうか [実現したい内容] (前提)エクセルに1つの表がある。 ・エクセルで「検索」(「ctrl」+「f」)を起動し、「入力した内容」を別シートに転機する。 できれば、「検索日時」「検索ワード」を表示することができれば大変ありがたいです。(例:別シートのA列に「検索日時」B列に「検索ワード」) 何かヒントになりそうなソースがあれば、参考レベルでも構いませんの教えていただければと思います。 以上よろしくお願いします。

補足

以下補足します。 上記の背景として、以下のような アナログ運用があるため、「検索されるキーワード」と「検索されないキーワード」を切り分けたく、今回の検索ワードを蓄積できるような仕組みがないか模索しているところです。 [運用の内容] 1,帳票(紙)に記載された番号を、一覧で「検索」(ctrl +f で検索値を入れる) 2.検索した番号にヒットしたばあい、一覧をもとに作業 [キーワードを切り分けたい理由] 一覧が古く、不要な行がたくさんある。 不要な行を削除したい →(ctrl +f )で検索値を入れてないものに対応する一覧(行)が 不要な行であるため、この部分の切り分けを行いたい

Excel | Visual Basic67閲覧

ベストアンサー

0

自作VBAで検索機能を作成して、その結果を取得する事は出来ますが、 検索機能(Ctrl +f)をトリガーとするイベントはないと思います。 この事をする人が一人なら、その検索マクロを作成して検索は全てそれでやればデータを蓄積出来ますが、多数の人の【Ctrl +f】からの情報を取得するのは無理ではないでしょうか。そのマクロで検索する事を徹底出来れば可能だと思いますが。

回答ありがとうございます!  > 検索マクロを作成して検索は全てそれでやればデータを蓄積出来ます → サンプルとなるソースがありました、展開いただけますと大変ありがたいです!

その他の回答(2件)

0

検索のイベントが取得できればできると思いますが、EXCELにはイベントを取得できる機能はないようです。 WINAPIのGetMesseageやPeekMessageなどで操作はすべて取得できるはずですが、ハードル高いですよ。

0

CTRL+Fキーを使うのは 検索値が 複数ある時や どの列にあるのかも 不明な時です 今回の場合は どうなんでしょうか 結果表示されるのが 一つの場合で あれば 検索一覧表のA列に 検索値を入力 マクロを 実行 B列に 検索日時 C列以降に 該当行や 内容ということでは 複数あるのであれば CTRL+Fキーで 検索 該当セルに カーソールを移動 ここまでは 通常どおり そこで そのセルを ダブルクリックした時 検索値、検索日時や その他の項目を一覧表に 転記 この方法だと 検索ワードに一つで 検索結果は 幾つでも できます また 表示しても 転記するしないが 選べます。 等の 方法が 考えられます。