回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/19 8:45

44回答

何で花火大会って夏のクソ暑い時にやるのが多いの?

何で花火大会って夏のクソ暑い時にやるのが多いの? 春とかのが涼しくて見やすいやん!

回答(4件)

0

こんにちは貴方の質問に回答します。 自分は隅田川花火大会の警備を毎年、担当しています。 今年はコロナウイルスの関係で全国的に全て中止になりました。 質問の花火大会がなぜ夏に多いのか? 1花火大会が夏に多いのは理由があった!供養花火の意義と全国の供養花火 お盆の送り火と同じですよ。 2両国川開き花火」、現在の「隅田川花火大会」だ。鍵屋と玉屋が代表的な花火師だったことから、来場者の間では「鍵屋!」「玉屋!」と掛け声をあげることが習慣化した。この「両国川開き花火」、飢餓と疫病による死者の慰霊と悪病退散のため始められたという説もあるが、はっきりとしたことは分かっていない。 江戸時代→コレラの発生で沢山の人が亡くなっています。 供養ですね。 追伸 コロナウイルスでも、世界では沢山の人が亡くなっていますから、来年は供養で花火を打ち上げますね。

画像
0

川崎市の多摩川花火大会は例年10月に開催されるようになりましたね。

0

花火大会がお盆の時期や夏に多いのは、火を使った行事が死者の目印や供養になるからだと考えられるでしょう。 そのほか花火大会以外にも火を使った行事はたくさんあり、いずれも死者との絆を深める重要な役割があります。 例えば、京都の「大文字焼」は迎え火と送り火両方の役割に加え、死者に対する鎮魂の意味も込められている行事です。 だそうです。