日本の近代化や産業革命以降の経済成長が弱いのはなぜ?

日本の近代化や産業革命以降の経済成長が弱いのはなぜ? なぜ日本は摩天楼だらけの国にならない?ドラッグストアやコンビニとかスーパーがちょこちょこ点在するような、 ある意味しょーもない街が沢山あるの?

ベストアンサー

1

色々あると思いますけど、最終的には、日本人の性格、島国、資源が無い、そんな中でも独立を保ってきた歴史だと思います。 近代化に必要な物資を輸入に頼るしかなかった日本と、日本人の性格からして摩天楼を築くより国土を広げる事、物資を得る事を選ぶと思う。 そうして日清日露戦争では戦費に苦慮しつつ辛勝。 資源を得る為に満州やインドネシアの方まで進出した太平洋戦争では最後に負けて全て失いました。その後しばらくは外国からの規制がキツかった。 日本社会は明治期から世界に通用するほどに発展したと思いますが、基本的にずっと貧しさを抱えて今に至っていると思います。 あと日本人は多分、「摩天楼作ってどうするの?」的な性格じゃないですかね。高さより広さ。 しかも昔から天下人が反乱が起こらないように諸大名に色々規制してきた歴史の名残もあるかもしれません。江戸時代には戦を起こすかもしれない懸念から幕府は大きい船を作る事を禁じていて、漁業や海運の発達が凄く遅れていたそうです。 その結果欧米の方々が来られて文化的に立ち遅れた江戸幕府は対抗できなくなって、ある意味自滅。 同じく清国やインドも欧米に侵食されていました。香港を摩天楼に発展させたのはイギリスだか欧州の国ですよね。30年くらい前にようやく返還されて香港はまんまと摩天楼を手に入れたに過ぎない。上海もどこぞの国の蹂躙の結果の摩天楼じゃなかったか。その代わり中華圏は長い事他国に従属させられてきたのです。 日本はそんな欧米の侵食から身を守る事には成功したのです。 そういった色々な結果、日本は摩天楼にはならなかったのだと思いますよ。長くなってごめんなさい。

1人がナイス!しています