地球温暖化について質問があります。

地球温暖化について質問があります。 二酸化炭素だけでなくエネルギーを使うこと自体が地球を暖めることだと思うのですが、なぜ原子力は温暖化を抑制すると考えられでいるのでしょうか。 二酸化炭素を減らさなければならないなら、化石燃料を燃やせば二酸化炭素が増えるのは当たり前だから化石燃料の消費を押さえるような政策をもっと強力に実行するしかないのに、なぜしないんですか、経済の影響ばかり心配して温暖化対策の優先度がいまいち低いのはどうしてですか? そもそも地球温暖化が、政府というか人類として問題だということについて合意できてないんですか。 夏、暑くなりすぎてエアコン無しで過ごせないなんていうのは生き物として失格なんで、なんとかすべきだと思うのですが、人類のリーダーはそう思ってないんですか。

地球温暖化50閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ああそれは日本の人が住んでいるところで暑くなる、いわゆるヒートアイランド現象です。それが地球全体の温暖化につながっているのか、という質問ですね。 たしかに原発も冷却塔や温排水で余剰な熱を出しています。温排水溝当たりでは冬でも貝などが育って豊かな自然が広がってはいますが、問題はその出る熱がその後どうなるのか、を温暖化防止ができると信じる人たちは考えているのです。 つまり出た熱がつーっと宇宙に出ていくのではなくて、CO2がトラップするから温暖化すると考えるんです。その熱の量は人が出す熱の量だけでなくて、太陽から受ける熱を含め、人が住んでいないあたりではそっちのほうが断然多いということで地球全体での議論である地球温暖化では有意ではない、ということです。 別の言い方をすれば、ヒートアイランド現象による地域の気温上昇はとても深刻なので、最近の、海流、気流による局所的酷暑と合わせて、対策で地球温暖化を防止しても我々の住んでいる場所の温暖化はぜんぜん止まらない、原発も含めて別の温暖化防止対策をとらねばならないです。 なら地球温暖化防止対策より、温暖化対策のほうが重要だという考えになかなかならない。 命にかかわるぐらい暑いからとりあえずクーラーをつけましょう程度のことしかせず、結局ヒートアイランドはそのために悪化するし、海流、気流予測や地球温暖化との関係がまともにわかっていないから、暑さがいきなり続いて年寄りが死ぬ。 質問者様みたいな発想の方が増えれば死者も少なくてすむでしょうに。

ちなみに温暖化が起きているという計測値についてはヒートアイランド現象による気温上昇は補正されているそうです。気温測定もヒートアイランドの影響を受けにくい場所で、受けにくい方法で測定し、また宇宙からの衛星による観測から観測地点での影響はネグっているそうです。 ただその補正が本当に正しくされているか、どうかは私は知りません。地球温暖化だ、地球温暖化だ、言っているものがどの程度、温暖化の中で正しく数値として計算されているのか、ぜひその補正方法を知りたいところです。ひょっとしたら質問者の熱を出すから暑くなるというのは地球温暖化以上に温暖化の本質かもしれませんよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

地球温暖化とヒートアイランドを分けて考えるということを教えていただきました。

お礼日時:9/23 1:14

その他の回答(6件)

5

「二酸化炭素だけでなくエネルギーを使うこと自体が地球を暖める」は違います。 原発、火力発電所の温排水、暖房、内燃機関の燃料の燃焼等、人類が出す全ての熱を合計しても、地表に届く日射の熱の変動と比べて、ケタ違いにわずかですから、エネルギーを使っても温暖化しません。 原子力が温暖化を抑制すると考えられているのは、温暖化の原因がCO2とされているからです。 化石燃料の消費を押さえるような政策はしないのではなくて、既にやっています。そのために税金を年間1兆円も使っています。 経済の影響ばかり心配して温暖化対策の優先度がいまいち低いのは、温暖化による悪影響が目に見えるほど大きくないからでしょう。 東京よりも3度高い鹿児島、7度高い沖縄、10度高いハワイの人々は普通に暮らしていて、深刻な悪影響はありません。

5人がナイス!しています

1

人間が発生させるエネルギー量は、太陽エネルギーに比べて無視できるほどの量しかないようです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%8F%8E%E6%94%AF 化石燃料の燃焼によるエネルギー量は、地球のエネルギー収支においてわずか0.007%しかありません。原発はいわずもがな。 現在レベルであれば、CO2の温暖化効果のみを考えればよいということかと思います。

1人がナイス!しています

3

”” 夏、暑くなりすぎてエアコン無しで過ごせないなんていうのは生き物として失格なんで、なんとかすべきだと思うのですが、”” → ここの書き込みの発言の意図?がどの辺なのか?はっきりしないのですが、ただ言えることは、世の中の政事?というものは、かなりいい加減なものだ!でしょうか?矛盾だらけなのは明白です。間単には行かないのでしょうね! 地球温暖化問題?の要点は、『IPCC温度モデル仮説の理論破綻状態至る!』 のです。日本政府が今まで30年近く行って来た数十兆円温暖化対策という美名の政策は、ほとんど出鱈目な不当なものだった!と理解して欲しいのです。これは本当の話です。これを知ってどういう反応を感じるのか?興味が大きいのですね?どおおお思いますか?ですね? (下図参照: 気温相関値2種図 )

画像

3人がナイス!しています

0

地球温暖化は人間が排出する温室効果ガスが大気中に増えるからです。これらの温室効果ガスは地表より放射される赤外線を吸収して振動し、自ら赤外線を放射するのです。その中でも圧倒的に量的に多いのが二酸化炭素で人類が排出する二酸化炭素で大気中の成分は280ppmから415ppmと200年間余りで150%も増加しているのです 僅かな期間で大気の組成を変えるほどのものです。 原発は膨大なエネルギーを出しても化石燃料を燃焼させるより500万倍もの熱エネルギーを燃料の重量当たりだしますが、核分裂による熱であって炭素の酸化燃焼とは根本的に原理が違いCO2は発生しません それなのに何故世界は化石燃料を燃やすかと言えば、世界ではまだ科学技術が低レベルの国が多く、そう言う国でも火力発電は割と簡単にでき、インドの様な途上国では電気は急速に必要だけど原発を急いで作るような技術は多くの国はないのです さらに原発は建設費が高くつき元を取るまで20年もかかったりもしますから最初に財政が豊かでないとなかなか建設まで出来ません 地球温暖化は今現実に向かえている人類の危機ですが、インドはその危機をもろに受けて毎年多くの人が熱波で夏で死に、あるいは雨季の大洪水で多くの人が犠牲になって、その危険は益々大きく多く成っていますが同時に多くの人に十分な電気を送る様に発電所の建設もやっているのです インドは自国で多くの原発を作る力はまだ不十分ですがそれでも8機を建設する計画に取り掛かっています。計画では60機だそうですが、ロシア、アメリカ、フランスなどから輸入するのです 原発は建設期間も長く簡単には出来ませんが、欧米では原発に反対する勢力も強く日本が特にその先頭に立っている様なものです。日本は今すぐにでも全原発を再稼働すれば電気料金も下がりますが原発反対派の多くのデマをメディアも協力して国民に流すので電力会社も簡単には出来ないのです 原発でCO2排出を抑制しようとするのは経済とは矛盾はしません。また電気自動車の普及でCO2排出を削減しようとしても火力発電所で得た電気で走らせてもCO2排出削減にならないのです これらの事が多くの国では国民が知らないと勝手には出来ないと言う制度からすぐには解決できないでいるのです。民主主義制度は国民の多くが愚昧であると衆愚政治と言って愚かな結果を招く恐れがあるのです。 解決するには国民に対する徹底的な科学教育によるしかありません。そうなればトランプの様な大統領も現れなかったのです

1

タービン復水器を海水で冷却するタイプの原発は、高温・莫大な温排水を海に流すことによって、海面温度を上昇し、温室効果を増加して地球温暖化の一因になってることは疑いがないでしょう。CO2では地球温暖化にはならんでしょう。 で、おっしゃるように、電力会社と政府は、数十年も前からCO2が地球温暖化の原因だ?原発の電気代は安い!!!?(本当は嘘)と、わかってたのになぜ火力発電所を全廃しなかったかというと、原発は出力調整できない・重厚長大な発電所で、需要の少ない地方の電力会社では、適切な電源構成ができなくなる(出力大きすぎ・原発比率が高くなりすぎて、安泰供給に支障がでる)などの心配があったでしょ。 それを無視した北海道電力は大停電になったでしょう。ひでえもんだ。

1人がナイス!しています