ID非公開

2020/9/19 22:03

1111回答

キリスト教の「パウロ観」と「ヤコブ観」について、教えて下さい。

キリスト教の「パウロ観」と「ヤコブ観」について、教えて下さい。 今、通っているプロテスタント教会が、 「信仰義認」(信じたら義とされる、罪人も義人とされる?) を重視していますが、 違和感を感じています。 それは、 不勉強ながら、 聖人パウロ様の手紙類に典拠があると思うのですが、 パウロ様の手紙には ・女性差別 (イエス様は、罪深い女性や、やもめの献金など、 弱い立場の女性に優しい目を向けられていたように思うのですが) ・結婚しないほうがいい ・奴隷も自由にならないほうがいい ・政治権力盲従? ・主の再臨時期予想外れ? 等々、 今の自分には、理解しがたい箇所が多々あって、 信仰義認だけ、都合のイイトコどり?と、疑問に感じるのです。 以前通っていた教会は、 聖人ヤコブ様の手紙のほうを重視していたような感じでした。 (人は行いによって義とされるのであって、 信仰だけによるものではありません、という教え) ルターが、 ヤコブ様の手紙を「藁の書」と呼んだそうなので、 ヤコブ観を軽んじるところは、プロテスタント系に多いのかもしれませんが、 出来れば 「ヤコブ観」のほうを重視している教会、 もしくは、 福音書のみ重視、の教会、へ通いたいです。 出来ればカトリック以外でも、そういう教会はありませんか? ご存知の方、 詳しく教えていただければ、ありがたいです。 よろしくお願いします。

宗教 | 世界史181閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

元々多様性のあった信仰が最初の100年で殆ど滅ぼされ、ローマカトリックは残りを迫害して滅ぼしてしまいました。 聖書の中でさえケパ(第一弟子のぺテロ)の教会はパウロに弾圧されて牙が抜かれて看板だけになったことは有名です。 ルターが嫌がってたのは、ヤコブだけでなくて、ヨハネの黙視録もで「死人はその仕業に応じて裁かれた」とか余計なことが書いてあったりするから嫌われたのです。 でも世の中は広くて、パウロは地獄に落ちたと主張するキリスト教もあったりします。勿論異端の教会ですけどね。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答下さったすべての方に感謝いたします。 ベストアンサーは、 広い視野を与えて下さったことに感謝し、 ubi********様に進呈させていただきました。 また、 求めに応じ、広い心で、たくさんの教えを下さった、 カテゴリマスターの ブレス聖書信仰者様、 特記して、お礼申し上げます。 皆さん、本当にありがとうございました。

お礼日時:9/27 21:11

その他の回答(10件)

1

信仰義認説とは、信仰さえすれば、己が罪を許されると、人間が勝手に作り出した説です。 何故なら、己が欲を隠し、正当化する為です。 キリストを誠に信仰し、キリストを真に愛し、キリストに倣い生きたいと願う者は、キリストが生涯貫いた、善なる愛と真に生きた生き様に惚れるので、当然、行いはおろか、己が想いや思考まで、キリストに倣おうとします。 信仰とは、人間は、人間の想い、意志と思いがちですが、違います。人間の思考の領域にあります。思考は、意志や欲望に従います。なので、意志が、欲望が、貴方がたの信仰を創るのです。 この事からも、信仰に重きを置き、その初めである、意志や想いに重きを置かない説は、間違いであると、気付けるでしょう。 イエス様は、『人からの誉は受けない』と、言われましたね。 誠に、イエス様に倣い、生きるには、この覚悟が必要な時が来ます。 つまりは、貴方自身も、『人からの誉や承認も要らない、ただ、イエス様にだけ、知ってもらえたらいい。』と、思えるかです。 何故なら、。。。どれ程貴方が語ろうと、貴方の心の一番大事に、寄り添える人は、少ないからです。 でも、イエス様は全てを、全てを御存知です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/26 0:56

深いお教え、本当にありがとうございます。 非常に含蓄に富んだお教えで、未熟者の自分には深すぎて、何と返信申し上げたらいいのか、戸惑っていました。 何事もよくわかっていない求道者で大変申し訳ありません。 「貴方の心の一番大事」と書いて下さいましたが、「自分の心の一番大事」って何だろう?とも、戸惑ってしまいました… 「イエス様」と答えたら、 寄り添える者は少ないという文脈から、 イエス様に失礼な気がしますし… まとまりないお礼文ですみません。 加えてのお教えをいただけたら、ありがたいです、よろしくお願いします。

1

キリスト教の中核思想はパウロの信仰義認です。 パウロは律法を廃止して、愛を騙り、信じるだけで救われ、信じないものは裁かれるという甘言でキリスト教の勧誘を行い布教しました。 イエスが語る「律法からの自由」も「隣人愛」も「信じるもは永遠の命、信じないものばかれる」というイエスの言説も、パウロの勧誘言説をもとに創作されイエスの口に入れられました。 そして、ヤコブ書はヤコブが書いたものではなく主流派への批判としヤコブの口に入れられたものです。 マルコ福音書16/16 新共同訳 信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。 ヨハネ福音書8/24 だ、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、 わたしは言ったのである。 『わたしはある』ということを信じないならば、 あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」 第2テサロニケ書簡2/12 こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた者は皆、 裁かれるのです ガテラヤ信徒への手紙 1この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。 キリスト教成立の裏舞台。 キリスト教の初期にはユダヤ人教会と異邦人への勧誘を積極的に行おうとするパウロたちの間に対立があったようです。 ヤコブとパウロの考えの違いはユダヤ人教会とパウロの対立や妥協などを反映しているように見えます。 新約聖書パウロ書簡『ガラテア人への手紙』でパウロがなじった相手は「使徒ペテロ」であり、これこそが「アンティオキア事件」なのである。 通常キリスト教団の解釈では実際は対立であったものを、何とか帳尻合わせしています。 アンティオキアの会食での対立について、パウロはガラティアのなかでバルナバを偽善者呼ばわりしている。 このような対立が、二回目の宣教旅行で別れてしまうことの芽になっているのではないか。 ユダヤ人に義人と呼ばれるヤコブも律法を遵守する立場でエルサレム教会の首座のたちばにあった。(聖書学者の間では、新約聖書のヤコブの手紙は主の兄弟ヤコブの著作とは考えられていない) が、ヤコブはキリスト教共同体の最長老格として、エルサレムで使徒会議を主宰し、異邦人への文化適合を重視するアンティオキア教会と、律法の厳格な遵守を重視するエルサレム教会の間の激しい対立を仲介し、妥協案を提示して解決を図った。 キリスト教を異邦人の地域に広めていく為の現実的判断としての発言である 紀元62年にイエスの弟であるヤコブが処刑されてしまい。 エルサレム教会陥落後 パウロは異邦人を勧誘するため、「キリストは律法の終わりとなされた」ローマ10:4と宣言する。 パウロがエルサレム教会で見聞きしたイエスの情報はパウロが妄想したイエスとはかけ離れていたのでしょう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー コリント● 5:16 ですから、私たちは今後、人間的な標準で人を知ろうとはしません。かつては人間的な標準でキリストを知っていたとしても、今はもうそのような知り方はしません。 ここでパウロは歴史上のイエスを拒絶しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 人が義と認められるのは、律法の行いによるのではなく、信仰によるというのが私たちの考えです(ローマ3:28)。もしアブラハムが行いによって義と認め られたのなら、彼は誇ることができます。しかし、神のみ前では、そうではありません。聖書は何と言っていますか。「それでアブラハムは神を信じた。それが 彼の義とみなされた」とあります。(ローマ4:3,4)。 私たちの父アブラハムは、その子イサクを祭壇にささげたとき、行いによって義と認められたではありませんか。あなたの見ているとおり、彼の信仰は彼の行い とともに働いたのであり、信仰は行いによってまっとうされ、そして「アブラハムは神を信じ、その信仰が彼の義とみなされた」という聖書のことばば実現し、 彼は神の友と呼ばれたのです。人は行いによって義と認められるのであって、信仰だけによるのではないことがわかるでしょう(ヤコブ2:21‐24)

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/21 14:52

歴史的な流れを解説して下さると、 理解や咀嚼の助けになります。 どうもありがとうございました。

0

https://blog.ameba.jp/ucs/top.do パウロ=羽洞、雛=日横、月夜文化で朝日に誕生するためのベッド作りです。ベッドの殻田ができたらアルファの実魂を作る、七歳→廿歳=世の完成=耶→蘇=雛→鶏冠、十栄の二回読まれる。イエスの命礼を受けたアナニヤ(穴に矢)の手かざしによって開眼したパウロはイエス贖罪論を唱えて民衆の評判を得て岩と呼ばれて天国の鍵を持っていたペテロの腰ひもを奪って石(主豚)の働きのした。ペテロはイエスの予言通りにニワトリが二度啼く前に三度イエスを知らないと言った。事に気がついて激しく泣いた。 ミケランジェロの最後の審判の絵に救いに降臨するイエスに銃(天国の鍵を逆にした)を向けるパウロとペテロが描かれている。 上を向いて歩こう涙がこぼれない様に、六、八、九にの世界的大ヒットはHISTORYに連携した牛(生きる=午)の一筆書きに繋がっている。

画像
0

貴方は、何を信じて教会に通うのでしょう? 聖書は、ヤコブ書だけですか?福音書だけで成立してますか? 創世記は不要と考える貴方には、プロテスタント…カトリックでも、入る余地は内です。 今の主さんに必要と「信仰義認」を語られてるのご解らないのですか?語ってるのは「主」です。 其れに耳を貸せないで、他の教会…何処へも、無理だと思います。 少なくとも、「信仰義認」を消化出来る迄は、忍耐して通う事が好ましいと考えます。

ID非公開

質問者

2020/9/20 17:08

Apollo様 一文お寄せ下さり、ありがとうございます。 ですが、 いきなり、頭の上から、 きつい言葉を投げつけられ、叱りつけられる感じで、驚きましたし、 キリスト教って、何かと「愛と恵み」や「赦し」を言う宗教なのに? クリスチャンとして、 先を歩いていらっしゃる方は、 あたかもご自分が「全能者」で「裁く者」であるがごとく、 偉そうに振る舞う方が多いのかと? いささか、悲しくなりました。 自分が、不勉強であることは、質問文に書いたとおりです。 まだ求道中でわからないことが沢山あるので、質問しています。 未熟者の質問がご不快でしたら、お詫びします。 (↓続きます)

1

教会のことは何も分からないのですが、ヤコブ書に興味があるのならぜひこれをお読みください。 http://www.tagawa-kenzo.server-shared.com/sub25.htm

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/20 16:22

ご回答、情報提供、本当にうれしいです! ちょうど、入手したいと思っていた先生のご著作のことなどが書かれていて、 今の自分には、またとない、 ありがたい情報、お教えをいただけたと、とても感謝しています。 どうもありがとうございました。