ID非公開

2020/9/19 23:30

1010回答

妻に子供が発達障害な事を、子供、妻、妻の実家に私の親が謝罪しろと言われました。 先日、子供が発達障害と診断されました。

妻に子供が発達障害な事を、子供、妻、妻の実家に私の親が謝罪しろと言われました。 先日、子供が発達障害と診断されました。 私には中学〜高校生の甥っ子が3人おり、そのうち2人が発達障害と既に診断をうけています。 甥っ子達が発達障害というのは未就学児の時には分かっていたのですが、私や妻が聞いたのは妻が妊娠5カ月の時でした。 その時、私の母の説明としては兄のお嫁さんの家系が発達障害の家系だからというものでした。 妻の言い分としては、 ①発達障害の子がいるという説明は結婚前か妊娠前にして欲しかった。 ②そもそも兄のお嫁さんの家系ではないだろう。 ③妻が子供の事で発達障害かもと私の母に相談した時に無責任に大丈夫といった。 ④我が家の子供には何の罪もないのに、私側の要因のせいで生きづらさを抱えて生きていかないといけない。 ⑤子供が療育に行くのは私側の家の要因のせいなのに、私の父母は何もしないで、妻や妻の父母が送迎している。(私の実家は我が家から車で40分程の距離で、妻の実家からは15分程です。また、私の母は車に乗れず、妻の両親の方が10歳程若いです)(送迎は私もできる時はしています。) ⑤金銭的援助をしてもらうかは、妻側が判断するとして、私の両親からは金銭的援助も含めて、できる事は何でもすると申し出るのが普通だろう。 といった内容です。 母は我が家の家系は発達障害の家系ではない。などと、妻の気に触る事は言っています。が、発達障害は誰のせいでもないのに、謝罪というのもおかしな気がします。 今は私も妻も冷静な判断ができていない気がするので、客観的な意見をお願いします。 申し訳ないのですが、厳しい言い方はご遠慮下さい。

発達障害103閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

4

義理のお姉さんの家系にも発達障害の方がいないというので、貴方の家系の遺伝で発達障害になった可能性は大いにあると思います。 ただ、質問者様も甥っ子達のことを妊娠前には知らなかったので、どうしようもなかったと思います。 もし可能性を考えていれば、結婚・妊娠を希望しなかったかもしれません。 奥様も自分のせいだと、かなり思い詰めているかと思います。 妊娠して、自分の体で育てていくのは自分自身ですから、自分のことも責め、気持ちがいっぱいいっぱいだと思います。 自分の家系のせいかもしれない。ごめんね、と一言いってあげられませんか? もっと支えて欲しいのだと思いますよ。

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:9/20 10:43

その他の回答(9件)

3

うちにも発達障害の子がいるけど もし主人が貴方の奥様のような発言をしたら 子どもを連れて出て行くし離婚を考えます。 それはお互いの子どもだからです。 誰が悪いかどうか考えても子どものためにもならないし 子ども自身が発達障害なのは親族の責任だと思うほうが 今後の生活に悪影響だからです。 (発達障害は遺伝かどうかはっきり判明されていません) 大事なのは原因ではなくこれからの生活です。 いつまでも原因にこだわっても… 逆に奥様のほうが気になります。 もしかして奥様が…なのでは?

3人がナイス!しています

3

これ、わりと発達障害がわかった旦那さんや旦那さんの親がお嫁さんに言ったりすることですね。 で、離婚になっちゃうパターンが多いです。 犯人探ししても仕方ないと思うのですが、受け入れられないのかな。 とりあえず、頻繁に療育に通う必要があるなら、未就園児か幼稚園かな?療育はだんだん減ってくるので送迎もだんだんなくなります。謝罪するかどうかは別として、奥さんと奥さんの両親に送迎などで負担をかけているのなら、それはねぎらいとお礼が必要ですね。不公平感をなくすために、あなたのご両親にもできるサポートはしてもらうほうが無難でしょう。 ただ、あまり一方的に責め立てられたり、決めつけられたりは嫌ですよね。 ほんとは発達障害、誰が悪い、何が悪かった、とグダグダ言うより、みんなで協力して何ができるか?と考えていくほうが良い気がしますがね。 発達障害、育てにくい、生きづらいと言いますが、発達障害のある子を恥とせず、受け入れて育てている親の子は明るくのびのびしてますけどね。 こんなギスギス悲壮感漂わせて育てるほうが問題な気がします。 とりあえず、③発達障害かと心配した時に無責任に大丈夫と言ったことや⑤妻側に負担をかけていることを謝り、①②については本当に知らなかったこと、すべて遺伝のせいではないことを話し、④に関しては子どもの生きづらさをなるべく減らすためにペアレントトレーニングを受けて、お互いに発達障害について学んでみようと話し合ってはどうかな?と思います。

3人がナイス!しています

4

人のせいにしてごちゃごちゃ騒いでる暇あるなら、子供のためにこれからどうしていかなければいけないか考えるのが常識でしょう。 発達障害と診断されたのはもう仕方ないんだから、受け入れて前に進む。 なに今さらごちゃごちゃやってるんでしょうかね? なんの解決にもならない

4人がナイス!しています

2

発達障害は少なからず誰にでも思い当たるところはありますよね? 書籍やネットでの情報検索も偏りはありますが、ADHDは全体の5〜10%とか、クラスに2〜3人が本格的なもので疑いがある人は、その倍以上などいわれてますし、私が子育てしていた時からも統計的に増えてる気がします。 私も我が子がそうだといわれた時に、家族、親族にいないかと聞かれ、双方の親に聞いたら「いない」と断言してましたが、結婚、子育てして数年経つと思い当たる人が多い事多い事…双方にです。 私は我が子の通級や療育のために、続けてきた仕事をパートに切り替えました。 旦那は稼ぎ頭だし、旦那がパートって選択肢は無かったです。 今は送迎付き放課後デイサービスなども充実してますから普段の留守中の心配などせずに働く事が出来るけど、それでも残業などは出来ないと思いますので、正社員のままで子育てするのは難しいです。 子どもの学校関係や習い事、病院、通級や療育などの他に家事、仕事、育児などやる事が沢山あるのに、旦那は仕事だけ… 時間的に出来ないのは分かるけど、せめて「お疲れ様」「いつもありがとう」協力出来ないのに心遣いがなく、姑も母も「普通の子にしか見えないし考えすぎだ」と学校生活での本人や私の苦労や本質を分かってない無責任発言なども常にイライラしてましまよ。 初めは出来なかった事が少しずつ出来るようになってきた過程は無視して「お前こんなんも分からんのか?アホやなぁ」と息子らに放つ言葉も、今思えば親子のコミュニケーションとしてツッコんだのだと思うけど、必死だった当時は殺したろかと思うほど無責任だなぁと思ってましたよ。 遺伝要素が高いとは言われてるけど、冒頭に書いたように、誰にでも得意不得意はあるし、個性だと思ったり、不得意なことはそこそこ諦めつつも、得意なことを伸ばしてあげようとしたり、ある程度の協力はしてあげてください。 お子さんが何歳かは知らないけど、幼稚園、小学校、中学校、高校など学校に関わるであろう保護者は奥様でしょうし、「いつもすみません」「お世話になってます」「よろしくお願いします」など根回しと言うと聞こえは悪いけど、頭を下げたり、耳を塞ぎたい事を聞かなくてはならないのは奥様なんですねぇ。 勿論、あなたも他人事とは思ってないと思うけど、普段からの労いの言葉や、今日の出来事や愚痴などを聞いてあげる役目になってあげたら、奥様の心の負担はかなり減ると思います。 「ペアレントトレーニング?なにそれ?俺は仕事休めないから無理」など言われてキレたママ友もいます。 心を休めるはずである家庭で気を使うのは嫌かもしれないけど、不満を抱えたまんま子育ての悩みを1人で抱え込ませないためにも、あなたも頑張りましょう。 そして奥様が落ち着いてる時に、穏やかに発達障害についても話し合いましょう。 この文章を見せても構いません。 祖父母にとって孫は可愛い存在ってだけで責任がないので辛さを理解するのは困難。 遺伝要素もあるけど誰にでも思い当たることでもある。 割合的にも少なくはない。 ってことをね。 謝罪させた後で関係がギクシャクするであろうことを予測しないで謝罪させようとしたり、無理難題を要求したりするのも、もしかしたらある意味奥様も発達障害なのかもしれませんよね? そして貴方も、発達障害の様々な特徴とかを調べた上で、自分に思い当たることは1つも無いですか? 忘れっぽい、友達や会社の人とのコミュニケーションが苦手、他人の気持ちを考えずに発言する、得意な科目と不得意の科目に差があるなどなど… 勿論、軽度、重度、知的障害も混在など個々によって様々ですから、一概には言えませんが…

2人がナイス!しています

3

できればご両親を説得して、奥様の「本当は誰のせいでもなくどうしようもない事と、頭で解っていてもやるせない気持ち」をおさめるために、一時のことと思って謝って頂くことはできませんか? 恐らく理不尽なことを言われると思いますが、奥様が頭で考えたことではなく感情を表現しているだけですので、反論せずにカウンセラーの気持ちで聞いてもらいましょう。 時が経てば奥様も「あの時はやり過ぎた」と思ってくれるかもしれませんし、いま奥様の心のケアをすることはお子様のためにも良いと思います。 もし送迎や金銭的援助を請求されたらそれは別の機会に別の問題として、あくまでも納得できる範囲で行い、それ以上は公共やNPOの補助を探しましょう。 今回は謝罪の場を作ると割り切ってください。

3人がナイス!しています