寸法確認ミス。 デジタルマイクロやデプスによる数値の読み間違い、思い込みなどによる加工ミスを防止するための対策をご教示ください。

寸法確認ミス。 デジタルマイクロやデプスによる数値の読み間違い、思い込みなどによる加工ミスを防止するための対策をご教示ください。

ベストアンサー

1

向きを変えて必ず2回計測するようにすると良いです。 宝飾品制作などでは物が小さいので、0.5mmの違いが大きな狂いの元になります。長さを測るときには最初に測ったのと同じ箇所を、180度回した状態でもう一度測って確認します。計測ミスと製品のゆがみ、計測器の狂いなどを確認するためです。 思い込みによる加工ミスを防止するためには、自分の記憶を過信しないこと・・かな。ミスをしやすい人は、自分はミスなんかしないと思ってる人が多いです。自分がミスりやすいんだと自覚してる人は常に確認を怠らないので、意外にミスをしないものです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 思い込み、たしかにあると思います。 参考にいたします。

お礼日時:10/7 19:59

その他の回答(1件)

0

はじめにデジタルノギスなどで大体の測定をすれば思い込みも減るでしょう