回答受付が終了しました

ID非公開

2020/9/20 23:01

22回答

SAO アリシゼーション編について

SAO アリシゼーション編について 比嘉さんがアニメでキリトのコピー?の様なものと画面越しに喋っていたのですがあの場面が全体的に理解できませんでした? 現実のキリトと話している訳では無さそうでしたしなんか声も普段と違ったし、どういうことなんでしょうか? また比嘉さんが菊岡さんや凛子さんの目を盗んでみたいなこと言っていましたが何を企んでいるのでしょうか? SAOの単語(フラクトライトなど…)もよく分かっていないのでそこら辺の説明もあれば嬉しいです。

回答(2件)

0

まずフラクトライトの説明をします。 人の脳、微小管の中に微小な光量子があり、それがフラクトライトと呼ばれるSAOにおいて魂と定義されるものです それを読み込む事で当人のコピーAIやUW人の様なボトムアップ型AIを作り出しています ですがコピーされたフラクトライトは自身がコピーされたと自覚すると崩壊してしまいます。 そしてフラクトライトの容量は150年です では比嘉さんがコピーしたキリトについて説明すると彼はUWに200年取り残され、人界やダークテリトリーを統治した星王キリトの人格データ 上記の通りフラクトライトの容量が150年、しかもコピーと自覚すると崩壊してしまうのに崩壊せず、200年以上生きたはじめてのフラクトライトの稀少なサンプルデータとして比嘉さんはコピーしていた 言うなれば研究者特有の知的好奇心です。 その延長として星王キリトと茅場のAIが出会ったらどうなるか知りたがってます

ID非公開

質問者

2020/9/21 0:07

茅場のAIって茅場は死んでないのですか? それともどこかでキリト達みたいにダイブしているのでしょうか?

0

キリトは200年分の記憶を消されましたよね? 画面越しに喋っていたキリトは200年分の記憶を消される前に比嘉さんによってコピーされたキリトです。 なので比嘉さんが 「コピーは自身がコピーであるという認識に耐えられない……」とか言っていたわけです。 目的としては純粋な好奇心のようです。まぁ結果としてコピーキリトとコピー茅場さんが出会いそうなことになってますが……

ID非公開

質問者

2020/9/21 0:08

現実のキリトはその様なことが起きているって知らないのですか? また解釈としては別世界だがキリトが2人存在しているということで大丈夫ですか?