女性が社内結婚しようと考えているときに、 同じく社内に本当はずっと前に好きだった男性がいたが、いろいろ事情があって、

女性が社内結婚しようと考えているときに、 同じく社内に本当はずっと前に好きだった男性がいたが、いろいろ事情があって、 途中で嫌になってしまい、現在結婚するつもりの男性に乗り換え、 その後に、その前好きだった男性が自分にアプローチしてきたけれども、「今は他に好きな人がいるから」と断った場合、 その男性に他に彼女ができるか、あるいは自分のことを諦めるまで結婚を延期するのはどういう心境なのでしょうか? 30代後半で結婚を考えていて、子供ができそうかどうか微妙な年齢で、結果として5年間結婚を見送ったのはどういう心境だったのでしょうか?

恋愛相談 | 結婚68閲覧

ベストアンサー

0

いろいろ事情があって途中で嫌になってしまい・・・のところが気になりますね。その前は好きだったけどつきあっていたわけじゃないんでしょう? それが、他の男とつきあっているときにアプローチしてきた。 単に諦めたり気持ちが無かったひとではなく、嫌になった人をもう一度好きになるってのは、女性の場合はなかなか難しいというか、なかなか無いです。 そう考えると、その男が諦めるか(ってことは諦めて無さそうだったんでしょうね)、彼女が出来るか(ってことは彼女が居なかった)までのばしたのだったとしたら、わたしならこう考えます。 その男が粘着質でしつこかったから、結婚したあとにも付きまとったり嫌がらせをされるのが嫌だったから刺激しないようにしていた。

>他の男とつきあっているときにアプローチしてきた ここなんですが、その男性は自分の思いをなかなか口に出すことができない性格なので、その女性が自分にアプローチさせるように心理的に追い込んでうまく告白させたのです。 その結果、男性が5年間にわたって、その女性に好き好きアピールをし続けるきっかけを女性が自分で作ってしまったわけです。 付き纏われたくなければ、その思いを胸に秘めさせたまま、自分に好意があるのを知らないフリをするか、あるいは他の女性に気を向けさせて、自分への興味をなくさせるようにして、結婚してしまえばよかったのではないかと思うのです。 そのあたりどのように考えられますか?