ID非公開

2020/9/21 8:55

22回答

今すごく保険で悩んでいます。

生命保険49閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二人ともありがとうございました。

お礼日時:10/21 9:51

その他の回答(1件)

0

個人年金は毎月いくらお支払いでしょうか? 個人年金は貴女の死亡時に払い込みした金額(保険会社によってはプラス10%ほど上乗せ)で遺族に支払われるだけで保障にはなりません。 そして年金を受け取る時期も期間も今の時点で既に決まってます。 まずこれを終身保険に変えるのはどうでしょう? 終身なら払い込み完了後は貴女の任意の時期に解約して年金受取りしたり一時金で受け取ったり、年金受取りの期間もその時選べます。 しかも払い込み期間中にお亡くなりになっても年金保険と違い死亡保障ですから年金保険よりはるかに多くの保険金が出ます。 ただ、それだけでは早い時期に子供が残された場合足りないので掛け捨ての死亡保障も必要ですがその掛け捨てる保険料を減らす事ができ、効率は上がります。 学資保険についても同様の事が言えます。 お子さんの年齢にもよりますが学資は親が死んだら保険料はストップしますがもらえるのは飽く迄決められた時期です。 これも終身保険を短期払い(10年から15年くらい)で必要な時期に100%の返戻金があるなら万が一お亡くなりになった時に学資より多くの保険金が下りるのでこれが出来るならこの分も掛け捨ての死亡保障の額を減らせるので効率的です。 目的に合った名前の付いてる保険が目的に合わせた効率的なものかどうかは別問題です。 色んなやり方がありますよ。 上記の終身保険を使った方法が可能なら掛け捨ての死亡保障も収入保障保険や低減定期保険を使う事でより効率的に出来ますよ。