回答受付が終了しました

松山英樹選手の、ドライバースイングで、トップの位置で止めて仕舞い、そこから

松山英樹選手の、ドライバースイングで、トップの位置で止めて仕舞い、そこから ダウンスイングに入るので方向が定まらず、無駄な力が入り、ぶれる事が多く成っています。スイングの軌道が安定しないと言うことです。 トップの位置で止めずに回転のリズムのまま、ダウンスイングに入り、振り抜いて 行けば、打球の方向がぶれなく成ると思いますが如何でしょうか? トップの位置で止めて仕舞うのが方向のぶれる原因だと確信して居ます。 私の経験から出たアドバイスです。どなたかアドバイスを言える人は居ませんかねえ。松山選手にとっても有効なアドバイスで有ることは自信を持って言えます。

ゴルフ64閲覧

回答(10件)

0

出た! トップで止まってないよ! 「止まっている様に見える」理由がわからない方ですね。 非公開の方が良かったのでは?

0

プロにダメ出しとか笑えるw 重要なのはダウンスイング以降なんだからトップで止めようがどうでもいいでしょう

0

逆だなwww しかも切り返しで一度止めることのデメリットは飛距離をロスすること以外にはない。彼の正確なショットはあのトップで担保されているんだよ。それでも少しずつ改造しようとしているのは、さらなる飛距離が必要なほど、PGAツアーのトップクラス選手の飛距離が伸び、コースも異様に長くなっているからだよ。 まああと5~10年ゴルフを続けていけばわかってくるだろうw

0

松山選手はトップで止まってません。しっかりとダウンに入ってますよ‼️