ID非公開

2020/9/21 18:59

1919回答

オーディオケーブルで音質は変わらないという人は、どうしてそういう結論に達したのですか? 揶揄するのではなく、真面目な質問です。

オーディオケーブルで音質は変わらないという人は、どうしてそういう結論に達したのですか? 揶揄するのではなく、真面目な質問です。

補足

皆さん回答ありがとうございます。 多くの方から意見を頂きまして参考になります。 ウチでもケーブルはオーディオショップから購入した正規品のPADから切り売りのベルデン、ネットオークションで売られている胡散臭いケーブルまで幅広く楽しんできました。 ・プレーヤー→DAC→プリアンプ→メインアンプ この間では相応に変わったというか、PC音源だと明らかにノイズが減ってクリアになったのは体験しましたが、 ・メインアンプ→スピーカー この間のケーブルだけはどうもしっくりこない ベルデンの安い白黒ケーブルで十分じゃねーの?フツーに音良いし... そう思った次第です。 スピーカーケーブルって難しいのかしら?

オーディオ | クラシック211閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

1

私は、歴然と音の変化は感じます。 オーディオは、オーディオ機器を変えたら音は必ず変化します。音の違いがあるからこれほど様々な機種が存在するのです。 ケーブルも一緒ですね。それぞれ音の違いがあるから存在するのです。 ケーブルを変えて音の違いを感じられない方は、①音の違いを感じられない耳をお持ちか、②違いを感じられない機器をお持ちか、はたまた、両方の要素をお持ちの方と推測いたします。わたしは、①の要素が大きく影響していると想像します。 ただし、音の好みは、人それぞれで、より高価なケーブルが、より良い音に聴こえるかと言ったら、それは、そうとは、断言できません。いわゆる相性といわれるもので適材適所というべきものがあると思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(18件)

1

普通の電源ケーブルで聴いた時ありましたが、あまりケーブルは気にしない。 常識的な線径があれば問題ないです。 ケーブルにリッツ線を使い高周波で表皮効果が出る物もありますが、最低100KHz以上の話で可聴周波数帯には関係ないです。それよりケーブルとスピーカーや、アンプの出力端子の接触部分に音質悪化の要素があると思います。異金属の接触では極小信号でのリニアリティの悪化が考えられ、またダイオードのような波形を歪める効果があるかも知れない。私はスピーカーとアンプ間は一切コネクターを使わず、アルミットはんだ付けをしています。家に一旦セットすればそうそう動かすことは無いです。アンプはマルチアンプ構成の5chで、SPはJBL375を始め大体JBLプロSP(アルニコ仕様)でまとめています。今は3chにしたり2chにしたり、手探り状態です。メインアンプは市販品では気に入らないので、自分で回路を設計して、パーツを選び自分の納得する物を使っています。製作時間や手間、費用対効果では買った方が安いですね。

1人がナイス!しています

2

オーディオの科学http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/Audio.htm#Cable のように厳密に比較はメーカーも評論家もあまりしないと思います。 多くが無駄な効能を述べるだけなのは、特性図があっても出すと性能がバレルから絶対出さないはずです。 数百万円のスピーカーシステムさえ周波数特性図があるはずなのにメーカーが秘密にする始末で、ユーザーは詐欺にあっているようなオカルト状態です。 人の耳は形も性能も脳の理解力もみんな違います。 聴取する位置が数cm違うだけでも部屋の定在波と残響の影響で周波数特性が図のように凸凹になっているのに良い音だなーと判断して聴いています。 音質比較には聴取位置など厳密な測定をして、スペクトラムと波形違いや過渡特性違いなどで比較をしなくてはならないのですが、肝心のケーブルメーカーも測定図や検討図などを出せる能力さえないように思います。 多くのユーザーは測定もせずに耳で聴いて想像するだけで正確な判断ができないはずです。 私はケーブル違いの実験測定をしたことが無いので耳で聴いて大きな違いを感じたことがありません。 ケーブルの接触抵抗が問題かな?と思ったら測定して比較した特性図を見ないと判断出来ないです。 スピーカーのケーブルを長く細くしても測定しないと分からない位です。 8Ωスピーカーに8Ω抵抗を付けてダンピングファクターが1になると音圧が1/2(-6dB)になるけど、低音と高音が2~3dB位しか違わないし、過渡特性の違いは耳では分からないのですが測定すると判断できます。 https://www.youtube.com/watch?v=W7WaSTX9rHI 人の意見に迷わされることなく、自分で測定して耳で聴いて原因を突き止めて測定結果は皆さんの参考になるように公表して欲しいと願います。

画像

2人がナイス!しています

2

私は変化あると断言します。 ケーブルは音響用〜電送用不問で、インダクダンス(コイルでの抵抗成分)+DC抵抗(純抵抗値)+キャパシタンス(コンデンサでの容量成分)が複雑に関係するからです。 当然、インピーダンス(交流での抵抗成分)はインダクダンスとキャパシタンスの影響を受けます。 しかし、 音の入り口〜出口まで、そのデリケートな変化を【音】として伝達出来ないシステムであれば。一部のケーブルを交換した位で【変化無し】が当たり前なんです。 【オーディオケーブルで音質は変わらない】と言うユーザーは。 ケーブル交換での【音質】変化を再生出来ないシステム保有者さまなのでしょう。

2人がナイス!しています

4

聴いても分からないのを誤魔化す為。 プラシーボ、思い込み、またはブラインドで分からなかった、とか言う(笑)。 微差でなくかなり変わる。 機器より安上がり。 高いと言っても20〜30万。 舞妓達とお茶屋で遊べば、そのくらいはスグ。 実際、もっと高い時もあった。 自分は様々なものを試した。 だが基本、人に勧めるのは蘭van den Hul。 https://www.esoteric.jp/jp/brand/vdh/vdh_speaker_cable_bulk 憎きタンノイも使ってるらしいが、敵ながら天晴れ(笑)。 ケーブルで音か変わるのは、同じメーカーの違う種類でスグに分かる事からも明らか。 30cmでも分かる。 機器の裏側で繋ぎ変えた瞬間に分かる。 でも価格にはよらない。 1番高いT-3は柔らか過ぎる。 T-4が1番イイ。 せいぜいT-5 また銀線のみは高音がキツい。 クラシックなら最低ヨーロッパ製。 日本製は丁寧な作りだが、ツマラない音。 N響やアキュヘーズと同じ。 アメリカ製は不可。 ベルデンもWEも不可。 昔、60年代の高いスピーカーを買ったら付いて来た。 貴重なんだろうが、音が雑だから生ゴミと一緒に捨てた(笑)。

4人がナイス!しています

で、YAMAHAのA-S801はどうなった? まだ、デジタルか? てか、デジタルかどうかも分からずに買ったのか? 素人さんは怖いねぇ(笑)。 追い詰められたからと言って、ID非公開、BLにして逃げるなよ。 確かに恥ずかし過ぎるが。 負けていても正々堂々とやり取りすれば良い。 実に小さい人間。 ま、タンノイやアキヘーズ、WEなんてミーハーを使ってるくらいだから、今さら恥ずかしさなんかないか。 安い耳で良かったね(笑)。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12231857317

2

変わると言う公に公表された①物理的、科学的根拠と②実証結果がないからです。 また、最も後段の増幅度が大きいRIAAイコライザーアンプとボリューム間のケーブル1mを色々変えて実際に聞き比べましたが、全く変化はありませんでした。 と言うことで、少なくとも耳で聞く限り、ケーブルで音質が変わることはないと言う私なりの結論になりました。 但し、測定器で計測すれば、わずかですが、周波数特性やノイズに差が出る場合もありました。それでも、「それは測定誤差だ」と言われれば、反論することは私には出来ません。

2人がナイス!しています