ID非公開

2020/9/22 9:13

22回答

雑誌の記者になる為には、どういう進路に進めばいいのでしょうか?

雑誌の記者になる為には、どういう進路に進めばいいのでしょうか? 高校2年生です。 進路の事でご相談があります。 私は雑誌記者(アバウトですみません)に憧れがあるのですが、今後の進路はどういう道に進めば、有利なのでしょうか。 自分自身で考えたのは、 文字や文を扱う→文学部 業界で絞る→メディア学部 しか、思いつきません。 また、根本的な質問で申し訳ないのですが、雑誌の記事を書く上で、著名人の方、お店等を取材をしているのは出版社の社員なのでしょうか? それとも、出版社はどこかの会社に委託して、記事を書いてもらったものを編集するだけなのでしょうか? 自分は取材する立場になりたいので、どういう企業に勤めたらその仕事が出来るのかも教えて欲しいです。

ベストアンサー

0

週刊誌に限って言えば、およそ半数は専属記者が基本的に書いています。ただし、彼らの大半は契約社員。もともとフリーライターだった人、新聞記者だった人、他の出版社の編集者だった人、編集プロダクションに勤めていた人など経歴はいろいろです。 ちなみに雑誌記者という括りでいうなら、とりあえず編集プロダクションに就職するのがいいかもしれませんね。出版社や新聞社の就職よりもハードルはずっと低いです。 編集プロダクションはその会社にもよりますが、雑誌の仕事を請け負っているところも多いので。ただ、会社によって扱う内容に偏りがある場合も多いです。そのため、修業期間と割り切ることも大事です。 で、編集プロダクションで数年働いた後は、独立してフリーライターになってもいいですし、どこかの週刊誌の専属記者に潜り込むのもいいでしょう。 ただし、実力(取材力、ネタなどの企画提案力)や人柄、編集者にとって仕事しやすいかどうか、などで判断されます。記者としてどの方向性を目指すかにもよりますが、そこに関係なく出版社や編集者が求めるネタが常に提供できるかどうかは結構大事で、これが継続して続けられないと厳しいです。 それと記者やライター、編集者を目指すにあたって大学の学部学科は特に関係ありません。出版社の場合、昔と違って今はそもそも学部学科なんてまったく気にしませんよ。特に記者、ライターを目指すなら考慮しなくていいかと。 私は大学時代、バックパッカーとして世界中を旅していましたが、むしろその経験のほうが大きく役に立ちました。まあ、今はコロナの影響で海外渡航自体が難しいですがライターとして視野を広げ、人生の経験値を上げるという点においてはそういうのもアリということです。あくまで1つの方法に過ぎませんけどね。 特に記者は自身のそれまでの経験が大きく反映される部分があるため、座学のような学校で学ぶものではなく、それ以外のフィールドワークにいかに知識や経験を積むことができるか。そこが重要になってくると思います。 以上、参考にしていただければ幸いです。

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2020/9/22 21:23

>雑誌の記事を書く上で、著名人の方、お店等を取材をしているのは出版社の社員なのでしょうか? 出版社の社員じゃないよん。フリーライターや編集プロダクションの人がやるんだよん(出版社社員が書くケースもないわけじゃないけどレア)。 >どういう企業に勤めたらその仕事が出来るのか おもに編プロだよ。だけど編プロってのはすさまじく、すさまじーくブラックな就労環境が常態化してることで有名なんだ。休日出勤どころか終電帰宅とか社内泊とかもザラよ。残業代も出ないぞ。 だからそう簡単におすすめできる職場ではない。どっちかっつーと、出版社勤務を経験してからフリーランスになるとかのほうが血ヘド吐かなくて済むかもしれない。ただし出版社の新卒採用は極端に少ないので、そこがジレンマともいえる。 このへんのURLとか参考にどぞ。 https://www.excite.co.jp/news/article/Careerconnection_9016/ こちらのURLも編プロの仕事ぶりがわかりやすいよ。 http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-201.html これ系の進路を選ぶときは、血ヘド吐く覚悟があるかどうかよく考えてからにするのがよいと思うよ。まあ、就労前に覚悟するってのは結構難しいことではあるんだけれども……。