サッカーのオフサイドルールで、例えばオフサイドポジションにいる選手に10〜20mのスルーパスを出したとして、

サッカーのオフサイドルールで、例えばオフサイドポジションにいる選手に10〜20mのスルーパスを出したとして、 パスを出した選手から5m以上離れてた相手DFが意識して反応してスライディングでカットに行った。 その結果つま先に当たったが、コースは殆ど変わらずにパスが通った場合、意図的にプレーしたとしてオフサイドじゃなくなるというルールだとなってます。 て、ことはオフサイドかどうか審判が判断する前に、無理にカットしに行くだけ損てルールになります。 触らなければオフサイド。無理にカットしに行って触った結果パスが通ったらオンサイド。 本当にそんなルールなんですかね? 例えば完全に余裕を持ってプレー、クリアやトラップ出来るような反応の結果、ミスって繋がったらオフサイドじゃないのはわかるんですが、必死のプレーの結果オンサイドになるなんてバカバカしくないです?

ベストアンサー

0

一生懸命プレーしたのに損をするという謎ルールですよね。 競技規則上そういう解釈をするしかないので、どうしようもないです。

その他の回答(2件)

0

もし、お話しされている内容がプロならオフサイドポジションにいることが分かっていて、そんなパスにスライディングする選手っていますかね?そうではなくて小学生ならオフサイドで止めれば良いと思います。ルールはゲームコントロールであり、世代に応じて育成に繋げれば良いですよね。

オフサイドポジションにいる選手とは書きましたが、DFが完全にオフサイドと分かっているとは書いてません。 この前のどの試合かは忘れましたが、ジャッジリプレイでも言ってたように、DFはパスの出手の位置を見ていて、その背後にいたFWの選手に気付いてないという解釈でした。 しかも超絶微妙なオフサイド。 出手はサイドにいて、DFはそれより中央寄り。FWは更に中央寄りでした。 つまりDFは体を斜めにして出手を見ていたので、背後にいたFWの正確な位置はわかりませんでした。 DFとしてははっきり相手FWを見えてない。 しかもセルフジャッジ出来ない微妙なオフサイド。 それで届きそうなのにカットに行かないDFが居ますか? それこそプロじゃないでしょう。

0

そこまで考えます? つま先に当たって コースが変わることは多々ある。 つま先に当たって相手選手にわたる可能性の方が 低いんじゃないかな。

つま先じゃなくてもなんとか伸ばした足に当ててコースを変えれたけど、それがオフサイドポジションにいた相手に渡ったらオフサイドじゃないってのが意味不明。 可能性が低い話ではありません。つま先限定ではなく、頭だろうが胸だろうがどこでも有り得ることで、今年のJ1だけでも数回揉めてます。