海水魚とサンゴ(ソフトコーラルとSPS)で最近、添加剤を試して見たくなり、投入したのですが、みるみるサンゴの調子が悪くなりました。

海水魚とサンゴ(ソフトコーラルとSPS)で最近、添加剤を試して見たくなり、投入したのですが、みるみるサンゴの調子が悪くなりました。 規定量よりも多く入れてしまってたせいかと思います。 昨日から、もしかして添加剤のせい?と思い投入ストップしたのですが、これはこのままストップだけして待つべきか、水換えをある程度するべきか、どちらが良いでしょうか。 教えてください。よろしくお願いします。

アクアリウム76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

どの様な水槽で、何をどうしたのか、全くわからないので、答えようがありません。 できるだけ水槽の様子、大きさや生体や、水質のデータや、添加した添加剤ぐらいは書き込みましょう。お答えのしようがありません。

1人がナイス!しています

すみません。慌てて取り敢えずで載せてしまいました。水槽はオーバーフローの55センチオリジナルでサンプ含めて水量80リットルくらいです。 生態は スパインチーク、ライムラス各1、デバスズメダイ7、ヤドカリ3、マガキ1、コケ取りカイ6 カクオオトゲ、トランペットコーラル、クサビライシ、マメスナ、ディスク、スタポがいます。 添加したのは、パープルアップを2.5ミリを週3程度と、レッドシーのabプラス1ミリを週2です。不調になり始めた時にテトラのマリンミネラルも2.5ミリほど入れました。 水流は、オルカのミニットストリームで全体的に太い水流が満遍なく流れていると思います。 水質は、亜硝酸はゼロにちかいですが、亜硝酸は20ppm辺りの試験紙でした。 pHは8.0、khは180ppm、ghは180ppmです。 よろしくお願いします!

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々指南いただき、ありがとうございました! 硝酸塩チェックは、レッドシーの購入できて今日測ったら2の色でした。 サンゴも膨らみ始めて、溶けかけていたクサビライシは再びまんじゅうになりつつあります。 原因を振り返ると魚がバクバク食べるので面白く餌をやりすぎていたことと、添加剤を無闇に入れすぎた事かなと思います。 今回教わったことを学び今後も頑張ります(*^^*)

お礼日時:9/27 0:43

その他の回答(2件)

1

こんにちは。 何かを添加して調子を崩したのであれば、何を差し置いても水換えを真っ先にやることです。 その上で並行して水質を測定することは大切です。 ですが、その測定値が全く信用できない値であれば、それを基に対策を立てることは出来ないです。 測定結果にGHがあること自体、海水用ではないことは明らかですし、 亜硝酸が20ppmもあれば、水換えどころの数値ではなく、 ほぼ全て新水に入れ替えなければなりません。 Caが180ppm(50%汽水程度)ってことなら低すぎるってアドバイスもあるかもしれませんが、 KHが180ppmって数値をどうこう言っても仕方がありません。 先にも記載しましたように、何かを入れて崩れたバランスなら、 それを引くための水換えしか対策はありません。 サンゴをお飼いになるくらいでしたら、液体タイプの試薬で計測してください。

1人がナイス!しています

0

添加剤は闇雲に添加するのでなく、水質を測定して足りないものを添加しましょう また、試験紙は淡水用ではないですか(6in1) 海水用の液体タイプの試薬を使いましょう

試験紙のパッケージには、海水魚も使えると書いてあるのですが、週末にでも海水用を購入したいと思います。