ID非公開

2020/9/23 0:20

44回答

先日、テクニクスのSL-55のレコードプレーヤーを譲ってもらいました。でもこのレコードプレーヤーは速度微調整があるのですが、正確な回転数を合わせるのはどのようにしたらいいのでしょうか?

先日、テクニクスのSL-55のレコードプレーヤーを譲ってもらいました。でもこのレコードプレーヤーは速度微調整があるのですが、正確な回転数を合わせるのはどのようにしたらいいのでしょうか? このレコードプレーヤーを使ってた方は去年世を去り、家族の方もわからないと思います。

画像

オーディオ34閲覧

ベストアンサー

0

はじめまして♪ 本来は「ストロボスコープ」と呼ばれるモノが付属していたはずです。 (添付写真は、当時のカタログ写真で、センタースピンドルに乗せてある、白黒の模様部分です。 当時は蛍光灯が電源周波数に応じて点滅しているので、白黒の模様が止まって見える時に、正しい回転数という確認が出来ました。 今では、蛍光灯でもチラツキを減らす為に高速点滅(インバーター式)とか、同じく高速点滅のLED照明が多く成ったので、観測が出来にくい時代です。 そこで、ストロボスコープとストロボ装置をセットで販売している物もあります。(結構なオネダンですが、、、、量産効果が得にくいから、止むを得ないのでしょう。。。) https://www.audio-technica.co.jp/product/AT6181DL

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。ストロボスコープを入手してみます。

お礼日時:9/29 7:19

その他の回答(3件)

0

このプレーヤーはテクニクスSL1200を基に、システムコンポ用に開発したもので、ターンテーブルからストロボスコープを省略してコストを抑えて、カートリッジを付属したものです。 でも、ダブルアームにも出来る用になっており、SL1200の弟分とも言えるプレーヤーです。ストロボスコープは10㎝くらいのアルミ板に印刷した簡易的なものが付属してました。 ストロボスコープを入手するのは簡単ですが、光源が問題なのです。インバータ照明、白熱灯、LEDはダメで、家庭用電源を直接繋いだ蛍光灯もしくはネオン管の光源に限られてます。 おそらく以前の持ち主さんはストロボスコープが意味がなくなったので、ストロボスコープを外したと思われます。スロットスコープはオーディオショップで入手できます。光源は昔ながらの蛍光灯で調整しましょう。

0

回転が遅いか早いかで状況が異なります。(故障の可能性も有り) *** 回転が遅い場合・・・ターンテーブルを支える機構(軸)が回転の抵抗になっている。油切れなど *** 回転が速い場合・・・回転制御が利かない。モーターの回路の不具合。 ++++++ ±10%程度は可変できるようですが、その調整の範囲で収まる場合、適当に合わせるしかありません。 ストロボスコープという物を使うとある程度合わせる事もできます。 方法は、webで”レコードプレーヤー”、”ストロボスコープ”で探してみてください。

0

ダイレクトドライブプレーヤーですから微調整はいらないと思います ストロボスコープが付いているなら、LEDランプでない以前の 蛍光灯の下で回転を確認すればよいと思います どうしても気になるならストロボスコープ購入して LEDでない蛍光灯の下でスピード確認ですね https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97+%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=26H5OGAQYWZBH&sprefix=SUTOROBOSUKO-PU+%2Caps%2C249&ref=nb_sb_ss_ts-ap-p_1_16