小学校低学年の頃、算数が得意だったのですが、ある日突然割り算の筆算ができなくなり(授業内や、テスト前日はできてた。

小学校低学年の頃、算数が得意だったのですが、ある日突然割り算の筆算ができなくなり(授業内や、テスト前日はできてた。 なんなら友達にテスト前日教えてた)、ずっとテストで100点くらいだったのが0点を取ってしまい、先生に補修を受けさせられた記憶があります。結局補修でも何故かダメでした。勉強もそれがきっかけで嫌いになり、積極的に勉強しなくなりました。 結局、何日か経つとマシになっていったのですが、何となく理解力があの時より無くなってる気がしながら全体の平均くらいで小中高と卒業し、大学にいます。 たまにふと思いだしてあれは一体なんだったんだろうと考える時があります。気のせいだとか単に学力不足だとかそういったものだとは思うのですが、思い当たるものがあれば教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

算数 | 小学校109閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

元小学校教員です。 あなたのケースは、いわゆる【ど忘れ】だと思います。 おそらく、あなたは、【暗記型】だったのでしょう。 計算の意味や原理について学ぶことには、関心がなく、 計算の方法を、ひたすら、覚えよう‥とする学習態度だったのではありませんか? ひたすら、覚えようとするだけの暗記型タイプの児童は、割り算の筆算で【ど忘れ】現象を、起こしがちなのです。 起こしがちといっても‥ごくごく、まれなのですが‥ 原因は、筆算の進め方の違いなのです。 足し算・引き算・掛け算は、下位から計算を進めます。 割り算だけなのです! 上位から、計算を進めるのは! ですから、ある日、久しぶりに、割り算の筆算に接したあなたは、下位から割り進めようとしたのでしょうね。 当然、できませんよ! そこで、パニックを起こしたのだと思います。 実は、三位数÷一位数の筆算を、具体物の操作と結びつけながら、理解させていくことができたら、教員としては、一人前と評価されるのです。 それほど、この教材の指導は難しいのです。 失礼ながら、あなたの当時の先生は、操作と結びつけながら、ひっ算を指導されていなかったのだと思います。 そこに、暗記型のあなたですから・・「ど忘れ」が顔を出したのも無理はないと思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とてもわかりやすく解説してくれたのでベストアンサーにします。 ありがとうございました。

お礼日時:9/27 19:03

その他の回答(4件)

0

まさか旅行の前の日にテンション上がりすぎで当日眠くってたまらないタイプ?それならテスト中に頭が沸騰しすぎていてもおかしくないわ

0

算数(計算)が得意だっただけであって、数学的な「思考」ができなかったのだと思います 「分数」あたりで行き詰ったのではありませんか?