ID非公開

2020/9/23 1:20

11回答

居住用財産の3000万円特別控除と生前贈与の相続時精算課税の関係について教えてください。

居住用財産の3000万円特別控除と生前贈与の相続時精算課税の関係について教えてください。 私は5年前に父から居住中の土地建物(評価額2,000万円程度)の生前贈与を受け土地建物の名義を自分名義に変更登記しました。その際に相続時精算課税を選択しております。そして現在に至るまで父は存命で共に居住中です。 1、仮にこの土地建物(約1,800万円で)を売却する際に居住用財産の3000万円特別控除は適用になりますでしょうか?(居住期間等の適用条件は満たしております。) 2、また、売却することで生前贈与の相続時精算課税に何らかの影響がありますでしょうか?

税金27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1、適用できる。 2、影響なし。 売ったとしても相続税の申告は売った家屋の贈与時の評価額を相続税の課税価格に加算して計算する。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/9/25 12:57

簡潔でわかりやすい回答ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勉強になりました。 ありがとうございます。

お礼日時:9/28 9:20